【DDT】ウナギ・ウォリアーズが初陣もびしょ濡れでサヤカが三四郎に説教!「肖像権、キャラクター使用権、ガッツリ請求するからな!」

 DDTプロレスが7月5日、東京・上野恩賜公園野外ステージで「闘うビアガーデン2024 in UENO」を開催した。ウナギ・三四郎(髙木三四郎の化身)、ウナギ・サヤカのウナギ・ウォリアーズが初陣に臨むも、試合後にはサヤカが説教し、三四郎は平身低頭だった。

 2人は4月26日のひがしんアリーナ(墨田区総合体育館)で一騎打ち。勝負は三四郎がモノにしたが、意気投合して、ウナギ・ウォリアーズの結成を約束していた。満を持して、今大会で初タッグを組んだ2人はバラモン兄弟(シュウ&ケイ)と対戦。試合形式はエニウェアフォールマッチ。

 バラモン兄弟が水噴射で奇襲も、ウナギ・ウォリアーズが逆襲。観客席でウナギ・ウォリアーズがゴムパッチン。バケツで水のかけ合いになり、サヤカがホースで水をぶっかける。

 その後も、両軍壮絶な水のかけ合いで、観客もびしょ濡れに。バラモン兄弟は生きた鰻を持ち出して、サヤカを攻撃。さらにバラモン兄弟は蒲焼のたれを口に含み、レフェリーの顔に噴射。続いて、山椒をレフェリーにぶちまけて、収拾がつかない事態に発展し無効試合の裁定が下った。

 バックステージで三四郎が「休養前にウナギ・ウォリアーズ結成できて本当によかった!」と言えば、サヤカは「オマエ、結構ガッチリ稼いだよな。プロとして、肖像権、キャラクター使用権、弁護士を立てて、ガッツリ請求するからな。髙木三四郎としては死滅させたいが、ウナギ・ウォリアーズは使用料払えば復活するかもしれないな」とクギを刺した。三四郎は「払います。今の時代キャラクター使用権がうるさいのは重々承知なので、弁護士通して話したいと思います」と頭を下げた。

【大会名】闘うビアガーデン2024 in UENO
【日時】2024年7月5日(金)
【会場】東京・上野恩賜公園野外ステージ
【観衆】630人(満員)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○平田一喜&須見和馬 vs  川松真一朗&イルシオン●
9分18秒 奇跡を呼ぶ一発逆転首固め

▼第二試合 ポジティブシンキングデスマッチ 30分一本勝負
●秋山準&男色ディーノ&大石真翔 vs HARASHIMA&中村圭吾○&石田有輝
10分58秒 「臭い」というネガティブ発言
※通常のプロレスルールに加え、ネガティブな発言をした場合も負けとなる特別ルール。

▼第三試合 ノーDQアイクイットマッチ 30分一本勝負
○アントーニオ本多 vs 透明レオナルド・ディカプリオ●
9分51秒 アイクイット

▼第四試合 髙木三四郎無期限休養ロード~ウナギ・ウォリアーズvsバラモン兄弟!エニウェアフォールタッグマッチ 30分一本勝負
×ウナギ・三四郎&ウナギ・サヤカ vs バラモンシュウ×&バラモンケイ
13分25秒 無効試合
※収拾つかず。

▼セミファイナル 真夏の上野恩賜名物!DDTサマースペシャルマッチ~エニウェアフォール6人タッグマッチ 30分一本勝負
遠藤哲哉&飯野雄貴&●高鹿佑也 vs クリス・ブルックス&正田壮史&納谷幸男○
18分31秒 体固め
※チョークスラム・オン・ザ・プール

▼メインイベント The37KAMIINAvsDAMNATION T.A? 30分一本勝負
○上野勇希&勝俣瞬馬&To-y vs MAO●&佐々木大輔&KANON with MJポー
16分54秒 体固め
※Jul.2

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

Pages 1 2

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加