【豆腐プロレス】力のユンボ、技のJURINA。誰もが待ち望んだ、ベストバウト級の戦い

ドラマ「豆腐プロレス」のYoutube映像、「OVER THE TOP」最新話が公開された。

松井珠理奈の演じるハリウッドJURINA、島田晴香演じるユンボ島田。どちらも作品中で異彩を放ち、現実世界に逆流するほどの魅力を誇るキャラクターだ。
戦い続ける中で魅力を発揮していったユンボ島田、そして全身全霊でプロレスを愛し、どん底から這い上がるハリウッドJURINA。このふたりの戦いを、誰もが待ち望んでいたはず。

ユンボ島田が見せるのは、これまでにぶつけてきた技の数々。定番となったジャイアントスイングはもちろん、精密機械・イケメン百花を打ち砕いたアングルスラムをここでも使ってゆく。
技のかけ方と見栄え上のかかり方を試行錯誤しながら練習してゆく島田。着々と足場を築き、レベルを高める。
その一方、ハリウッドJURINAはさらに新技を投入する。プロレスリング・ノア、丸藤正道選手のオリジナル技である、不知火だ。
しかし、宙返りを支えられる相手が島田晴香しかいないため、不知火は撮影前の一日しか練習できない。JURINAは補助をつけながら、必死に技を練習する。
練習場ではコーナーマットがセパレートということもあり、特に苦戦しているようだった。

ハリウッドJURINAのプロレス直輸入技は美しい。しかし一方で難度も高く、受け手を選ぶところもある。敗者復活戦で見せたレインメーカーもまた、しっかり受け身の取れるオクトパス須田だったからこそ、出せる技だった。
相手との協力こそ、プロレスらしさの本質かもしれない。
この試合は、「力のユンボ、技のJURINA」の対決でもある。それと同時に、ユンボとJURINAの組み合わせでしか出せない技を、観客に見せる場でもある。どちらが欠けてもベストバウトにはなりえない。

ふたりの努力は本番収録映像で結実している。序盤では、にらみ合いから腕の取り合いへなだれ込む。自然と、この二人ならではのリアリティが漂う。
そして試合後半に飛び出した不知火も、一発OKの出来栄え。
編集なしで見ると、課題の「投げられている感」を払しょくすることはさすがにできていないが、編集後の映像では逆に「宙返りをしている感」がしっかり出ていたように思う。

ユンボ島田とハリウッドJURINAの、死闘。
究極のヒールが見せてくれた力を、どん底から這い上がったエースが受け切り、ハリウッドJURINA復活の物語は、あと一歩のところまでやってきた。
そこに立ちはだかるのは、錦糸町の豆腐娘、そして王者の血を受け継ぐ天才、チェリー宮脇。
この戦いを超えることはできるか。

それにしても、ドラマの中の存在に閉じ込めておくには、ユンボ島田という存在は大きすぎる……。


アイキャッチ画像:©WIP2017製作委員会 ©AKS

プロレス-METAL
(´-`).。oO(きこえますか……きこえますか……)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事