宮澤聡のサイン収集列伝26枚目~GREAT MUTA選手編~

皆さんは覚えているだろうか?
一時期、グレート・ムタが2人いたことを。
正式には、グレート・ムタとGREAT MUTAが同時に存在したんですね。
2002年に新日本から全日本に武藤選手が移籍したことにより、ムタも全日本に行ってしまったわけですが、そこで突如新日本に登場したのがGREAT MUTA。
ペイントレスラーではなく、マスクマンのMUTA。
なぜ新日本がMUTAを急造したかは、色々とあったのでしょうが、2002年10月の東京ドーム大会では天山選手を6分で破っています。
その後、全日本のリングに上がり本家と試合することになり、最終的にはマスクを脱ぎます。
正体は元WWEスーパースターのジョニー・スタンボリーでした。
素顔の状態で会った時にこのカードを差し出したら、スラスラっと書いてくれました。

こういう、一時期だけやっていたキャラクターのバージョンでサインをもらうのは、とても嬉しいものです。

GREAT MUTA。
おそらくもう復活することはないでしょうが、自分の中では妙に印象に残っている選手です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事