【大仁田厚ファイナル】還暦迎えた大仁田が10・31引退試合のパートナーに鷹木、KAIの起用を発表!

 

25日、還暦の誕生日を迎えた大仁田厚が、東京・千代田区のプロレスショップ「闘道館」で記者会見を開き、10・31後楽園ホールでの引退試合のパートナーに、鷹木信悟(ドラゴンゲート)、KAI(フリー)を起用することを発表した。

赤いちゃんちゃんこならぬ、赤いライダースジャケットを身にまとって会見場に姿を見せた大仁田は、スタッフから用意されたバースデーケーキ、「60」の形をしたクッキー、同店から贈られた花を見て、照れ笑い。開口一番、「ボクはプロレスのリングにいるときがいちばん幸せを感じます。60になったという実感はないけど、現実は受け止めないと…。還暦になりました」と報告。

続けて、引退試合の対戦カードを、大仁田、鷹木、KAI組対藤田和之、ケンドー・カシン、NOSAWA論外に変更することを明らかにした。ルールは、ストリートファイト・トルネード・バンクハウスデスマッチに、有刺鉄線ボードがプラスされた。

同試合のカードは当初、大仁田、雷神矢口、保坂秀樹組対藤田、カシン、論外と発表されていた。ところが、カシンが「10・9お台場で、我々が勝った。それと同じカード。なんで、大仁田対藤田のシングルマッチじゃないの?」とイチャモンをつけていた。

その後、超戦闘プロレスFMW10・15木更津大会で、論外が「10月31日、藤田、カシン、オレの3人でぶっ潰す。勇気があるなら一人でかかってこい!」と挑発。売り言葉に買い言葉で、大仁田は「1対3でボロボロになろうとやってやる」とハンディキャップ戦も辞さない覚悟を示していた。

この非常事態に黙っていなかったのが、育った団体こそ違えども、大仁田にあこがれてプロレスラーになった鷹木とKAIで、ふたりは「最後に大仁田さんを守りたい」として、引退マッチの大仁田のパートナーに名乗りを挙げていた。

大仁田は「鷹木とKAIがオレを守るって言ってくれた。邪道伝承じゃないけど、ぜひタッグを組んで最後を飾りたい。二人の申し出を、誕生日プレゼントとして受けたい」とコメント。

お台場大会以来、2度目の対戦となる藤田に対して、大仁田は「藤田を有刺鉄線バットで殴りたい。格闘技には格闘技のルールがあろうが、プロレスは何でもあり。ボクは弱いのを自覚してる。魂の一発で、有刺鉄線バットの痛みでぶちのめしてやる」と意気込んだ。

さらに、大仁田は「いろんな人が組みたいと行ってきたけど、鷹木とKAIは、自分たちからオレのファンだって、カミングアウトした。団体も違うし、超党派タッグ。この3人が並ぶのは最初で最後だし、一夜限定のトリオになる。40数年の生き様を見せたい」と話した。

引退が6日後に迫り、「さびしい」を連発した大仁田だが、「ケジメもある。左ヒザの状態はよくないし、階段降りるときも大変。16、17歳の頃、300回できたスクワットは、今100回しかできないし、情けない。肩が折れてるから、腕立て伏せやベンチプレスもできない。去年から右腕2回、左足首、腰と4回も骨折した。弱いなーと思うけど、存在できたのはファンのおかげ」と会見を締めくくった。

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。 その素顔は運営会社(株)リアルクロス代表取締役社長。 プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。 またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事