【大仁田ファイナル】大仁田、“猪木の遺伝子”藤田組に勝利し、43年半のレスラー人生に幕!

大仁田厚プロレスリング
〜大仁田厚ファイナル〜
10月31日(火)後楽園ホール
観衆:2,000人(超満員札止め)

6度の引退、復帰を繰り返した“邪道”大仁田厚が、10月31日、東京・後楽園ホールで、「大仁田厚ファイナル」を開催。2000人(超満員札止め)の大観衆の前で、“闘魂継承者”藤田和之組を蹴散らして、43年半に及びレスラー人生に幕を引いた。

「今度こそ本当に引退」と何度も発言していた大仁田。引退、復帰を繰り返してきたが、年齢は同25日で還暦を迎え、肉体的には左ヒザ、右手、肩がボロボロ。第一線でファイトするには限界と感じていた。邪道の最後を見届けようと、前売りの指定席チケットは大会前日に完売。当日若干枚の立ち見券が発売されたが、それもあっという間にソールドアウト。同所は立錐の余地もないほど、パンパンの大観衆で埋め尽くされた。

大仁田が最後の相手に指名したのは、どうしても対戦がかなわなかったアントニオ猪木の愛弟子である藤田。大仁田は、自身にあこがれてプロレスラーになった“邪道継承者”の鷹木信悟、KAIをパートナーに起用。藤田はケンドー・カシン、NOSAWA論外と組み、ストリートファイト有刺鉄線ボード・トルネード・バンクハウス6人タッグデスマッチで激突。

のっけから、大仁田と藤田は激しくやり合ったが、藤田はイス、机の破片で殴られても、微動だにせず、まさしく“野獣”ぶりを存分に発揮。力任せにボディスラムで、有刺鉄線ボードに投げ捨てると、大仁田は悶絶。それでも、立ち上がった大仁田は、有刺鉄線バットを手にした藤田に毒霧を噴射。これで流れが変わり、論外に鷹木がデスバレーボム、KAIがフライングボディプレスを叩き込んだ。

ここからは、大仁田と論外のタイマン勝負。論外は大仁田が繰り出すサンダーファイアー・パワーボムをことごとくカウント2で返す。しかし、実に7発目のサンダーファイアーを食った論外は力尽き、3カウントを聞いた。

引退試合を自らの勝利で飾った大仁田は「論外、オレはオマエが大好きだ。こんなウソつきに、こんな弱い男に、たくさんの応援ありがとうございます。ひとつだけ、いいところがあります。絶対あきらめないこと。絶対夢をあきらめるな! 自分の夢を持て!」と絶叫。

そして、「おふくろ、ありがとう。オマエら、オレみたいな男に40何年ありがとよ!」と涙声で叫んで、リングを降りた。

ファンとの写真撮影会を終えて、控室に戻る階段を降りようとした大仁田は、歩を止め、「16歳の時に初めて、この階段を上がって、下がりました。いろんな思い出が詰まっていて、すげーつらいけど、人生前向いて歩きます。また、いつか形を変えて会えるから。最後はもっと5万8000人の前で引退して…最初の全日本の引退のとき、(ジャイアント)馬場さんの奥さん(元子さん)が泣いて抱きしめてくれた通路。駐車場から帰るとき、体に穴が開いたような。そこを隙間風が通るような…。30何年経って、この場所がいちばん」とポツリ。

階段を降りた大仁田は「アイツら(ファン)と別れるのがさびしいな。だけど、またどこかで会えるかなって。七転び八起きとか、また帰ってくるんじゃないかって言われるけど、最後のひと言言うなら、オレはプロレスが大好きです。母さんが、オレがプロレスをやめるまで、大好きな日本茶を飲まないでいてくれた。今日はオレがお茶を入れてやろうかなって…。オレみたいなバカ息子が…。ここにきて、みなさんに多くのものをいただきました。いろんなことを感じさせてくれた。月並みな言葉かもしれない。プロレスに胸いっぱいになれたことを幸せだと思います。40何年間の中に、まだ馬場さんがそこにいて、オレが付き人で・・・。オレは死ぬまでプロレスラーです。こんなこと言うと、また誤解されるけど、3日後(11月3日の超花火・川崎大会)は絶対ありませんので。完全にチケットがなくなったのはみなさんのおかげです。1枚1枚のチケットがこんなに、うれしくて重く素敵に感じたことは43年間の歴史で初めてです。みなさんありがとうございました」とコメントし、控室へ消えた。

一方、敗れた藤田は追いすがる報道陣に対し、「何だよ。どけよ!」と言い放ち、試合に関して語ることはなかった。

大仁田、母・巾江さんからの花束に涙! 原口一博衆院議員も来た!

セミファイナル終了後に、引退セレモニーが行われ、報道各社、後援者が記念品を贈呈。続いて、10月22日投開票の衆院選で、民進党を離れ、佐賀1区に無所属で出馬して当選した、大仁田の“盟友”原口一博元総務相が駆けつけ、その労をねぎらった。

また、弟で大東文化大学法学部教授の松原孝明さんが、母・巾江さんを伴って現れると、大仁田の涙腺は崩壊。「おふくろが来ると、泣くんだよ。オレ、弟よりバカ息子だから。この人に心配ばっかりかけてんだよ。母ちゃん、できの悪い息子ですいません」と、涙ながらに話した。

さらに、電流爆破デスマッチで対戦した、お笑いコンビ・東京ダイナマイトのハチミツ二郎、グラビアアイドルの渡瀬茜、妹分の中野たむ、“終生のライバル”青柳政司が来場し、花束を贈呈した。

そして、「試合終わった後、暗くなるのイヤなんで、10カウントゴング、今やってください」と促して、最後の10カウントゴングを聞いた。

 

【試合結果】

1:無刺鉄線電流爆破風デスマッチ 20分1本勝負
太仁田ブ厚 vs パンディータ
●太仁田(8分53秒 爆破風バット攻撃⇒片エビ固め)パンダ○

2:インディペンデントワールド・バトルロイヤル 100万円争奪マッチ 時間無制限
<出場選手>
リッキー・フジ、フライングキッド市原、超電戦士バトレンジャー、雷神矢口、
ワイルド・セブン、ワイルド・ベアー、ワイルド・コモン、佐野直、雷電、木更津ピエロ、
守屋博昭、友龍、佐瀬昌宏、寺尾利明、櫻井匠、亀田勝、藤井健一、
フレディ・クルーガー、ウルトラつぅー、チェーンソー・トニー、ショッカー

○バトレンジャー(10分20秒 みちのくドライバーⅡ⇒片エビ固め)市原●

<退場順>
①0分17秒 ワイルド・コモン
②0分27秒 寺尾利明
③0分56秒 木更津ピエロ
④1分32秒 守屋博昭
⑤2分14秒 佐瀬昌宏
⑥2分31秒 櫻井匠
⑦3分00秒 亀田勝
⑧3分36秒 藤井健一
⑨4分19秒 友龍
⑩4分21秒 雷神矢口
⑪4分49秒 ウルトラつぅー
⑫4分53秒 リッキー・フジ
⑬4分58秒 雷電
★時間不明 このあたりでフレディ・クルーガー、チェーンソー・トニー、ショッカーが失格になっていたことが判明
⑭6分16秒 佐野直
⑮7分17秒 ワイルド・ベアー
⑯8分10秒 ワイルド・セブン
⑰10分20秒 フライングキッド市原

3:FMW女子一夜限りの復活!ミックスドマッチ 30分1本勝負
クラッシャー前泊、保坂秀樹、バッドナース中村、寧々∞D.a.i
vs
ダンプ松本、マンモス佐々木、ZAP、怨霊
●前泊(8分36秒 ラリアット⇒体固め)ZAP○

4:プロレスリングZERO1提供 6人タッグマッチ 30分1本勝負
田中将斗、TARU、菅原拓也
vs
大谷晋二郎、小幡優作、ショーン・ギネス
○TARU(15分21秒 TARUドリラー⇒片エビ固め)ショーン●

5:大仁田厚思い出の聖地・後楽園ホール最期のデスマッチ!
ストリートファイトトルネード・バンクハウスデスマッチ 時間無制限1本勝負
大仁田厚、鷹木信悟、KAI
vs
藤田和之、ケンドー・カシン、NOSAWA論外
○大仁田(16分48秒 サンダー・ファイヤー・パワーボム⇒エビ固め)NOSAWA●

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。 その素顔は運営会社(株)リアルクロス代表取締役社長。 プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。 またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事