【プロレスTODAY増刊号 11/7】棚橋をジェイ・ホワイトが襲撃!ジェリコがケニーに対戦要求!大仁田ファイナルはすごかった!豊田真奈美引退など

2017年11月7日の【プロレスTODAY増刊号】は……

【1】 新日本プロレス
2017年11月5日(日) 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)

飯伏との死闘を制した棚橋を、“Swicthblade”ジェイ・ホワイトが襲撃!
あの世界的ビッグネームのクリス・ジェリコが、バレッタを倒したケニーに対戦要求!
スカルはオスプレイからIWGPジュニア奪取!
ROPPONGI 3Kは『Super Jr. Tag Tournament』制覇!

◆NEVER無差別級選手権試合 ブルロープ・デスマッチ
<第16代チャンピオン>鈴木 みのる 対 矢野 通
15分21秒  ゴッチ式パイルドライバー→体固め
※鈴木みのるが4度目の防衛に成功

◆IWGPジュニアヘビー級選手権試合
<第78代チャンピオン>ウィル・オスプレイ 対 マーティー・スカル
17分28秒  エビ固め
※オスプレイが防衛に失敗。マーティー・スカルが第79代王者となる。
新ジュニア王者・スカルにKUSHIDA、オスプレイ、そしてヒロムが挑戦表明! 次回は4WAY戦

◆IWGP USヘビー級選手権試合
<初代チャンピオン>ケニー・オメガ 対 バレッタ
21分33秒  片翼の天使→片エビ固め
※ケニー・オメガが3度目の防衛に成功
場内騒然! なんとあのクリス・ジェリコがケニー・オメガに挑戦表明!
1.4東京ドームに参戦か?

◆IWGPインターコンチネンタル選手権試合
<第16代チャンピオン>棚橋 弘至 対 飯伏 幸太
29分26秒  ハイフライフロー→片エビ固め
※棚橋弘至が3度目の防衛に成功

【2】 全日本プロレス
11/9(木) 後楽園ホール 18:30開始
三冠ヘビー級選手権
(王者)ジョードーリング 対 (挑戦者)ヨシタツ

【3】 プロレスリング・ノア
グローバル・リーグ戦

【4】 大仁田ファイナル
10月31日(火)後楽園ホール
観衆:2,000人(超満員札止め)

6度の引退、復帰を繰り返した“邪道”大仁田厚が、10月31日、東京・後楽園ホールで、「大仁田厚ファイナル」を開催。2000人(超満員札止め)の大観衆の前で、“闘魂継承者”藤田和之組を蹴散らして、43年半に及ぶレスラー人生に幕を引いた。

【5】 豊田真奈美引退記念興行50人掛け
豊田真奈美30周年記念興行 飛翔天女 ~豊田真奈美引退~
2017年11月3日(金・祝)横浜・大さん橋ホール

試合後のセレモニーでは「今は本当に体がすごくつらい状態です。痛くない自分の体に本当に戻りたいです。申し訳なく、悔しい気持ちでいっぱいです。30年間、プロレスやってきて本当に、本当に幸せでした。痛みのない生活をして、これから第2の青春を楽しもうと思います。なので、まずは治療を一生懸命頑張ります。30年が終わりました。本当にみなさん応援ありがとうございました」とファンに別れを告げた。

PENTA
プロレスTODAY編集部のスタッフ。 編集部では主にインタビュー撮影、動画編集、WEBサイトやポスターのデザインなどをお仕事にしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事