【プロレスラー選手名鑑】大畠 美咲 Misaki Ohata (プロレスリングWAVE)

プロレスTODAY編集部に来ていただいたプロレスラーを動画でご紹介!

意外な一面が見えるかも!?

【プロレスラー選手名鑑】

大畠 美咲 Misaki Ohata (プロレスリングWAVE)
得意技:スカイブルー・スープレックス・ホールド

▼2006年
JDスター女子プロレスに入門。
12月10日、新木場1stRING大会の対松本浩代戦でデビュー。

▼2007年
4月30日、LEAGUE PRINCESS公式戦で大木香相手に初勝利。
7月16日にJDスターが活動停止。翌7月17日付でエスオベーションに移籍。

▼2009年
2月 – 4月、センダイガールズ主催「第2回じゃじゃ馬トーナメント」ベスト4。
5月31日、息吹・後楽園ホール大会。松本浩代からJWP認定ジュニア王座&POP王座を奪取。初タイトルを獲得した。
11月8日、さくらえみの保持するICE×60王座に挑戦するも敗退。

▼2010年
9月23日、米山香織の保持するJWP認定無差別級王座に挑戦するも敗退。
同年限りでエスオベーションを離脱してフリーになった。

▼2011年
1月19日、WAVE新木場大会にて現在のトレードマークであるバラ鞭を初めて使用する。
3月6日、「JWPタッグリーグ・ザ・ベスト2011」にLeonとのタッグ「獅子の穴」で決勝に進出するも春倉に敗れ準優勝。
3月20日、初の獅子の穴主催興行が行われLeonの保持するハイスピード王座に挑戦するも敗退。
3月26日、シカゴで行われたSHIMMER37(昼)で松本浩代との「3S」で、カナディアンニンジャズ(ポーシャ・ペレス&ニコル・マヒューズ)の持つSHIMMERタッグ王座に挑戦し、王座奪取に成功。SHIMMER38(夜)で初防衛。
3月27日、SHIMMER39(昼)でタッグ王座2度目の防衛に成功するが、SHIMMER39(夜)でデイジー・ヘイズ&中川ともか組に敗れ王座陥落。
6月12日、中川ともか&松本浩代の保持するOZアカデミー認定タッグ王座に吉田万里子とのコンビで挑戦するも敗退。
7月24日、「Catch the WAVE」の優勝者決定トーナメントに進出し、準決勝で植松寿絵から金星をあげるも決勝では華名に敗れ準優勝。
9月11日、ヘイリー・ヘイトレッド&米山香織の保持するTLW世界女子タッグ王座に中森華子とのコンビで挑戦するも敗退。
10月7日、A☆YU☆MIの保持するX-LAW女子王座に挑戦するも敗退。
10月10日、世界○○級王座決定バトルロイヤルを制し大畠がコスプレだったため、世界コスプレ級王座の初代王座となる。
12月11日、華名&栗原あゆみの保持するWAVE認定タッグ王座に紫雷美央とのコンビで挑戦するも敗退。

▼2012年
1月7日、仙台リボンで凱旋。
8月26日、この日付でZABUN所属となる。
11月16日、藤本つかさと組んで「DUAL SHOCK WAVE2012」優勝。
11月27日、後楽園ホールにてハタナカヨウコ(GAMI&中川ともか)が持つWAVEタッグに挑戦して王座奪取。
12月16日、WAVEシングル王座「Regina di WAVE」トーナメント出場権を獲得。

▼2013年
2月17日、Regina di WAVE1回戦、桜花由美と対戦、しかし敗れる。
7月15日 「Catch the WAVE」決勝トーナメント決勝戦で中島安里紗に勝利し、第五代「波女」になる。
8月、ZABUN人事部長に昇格。
11月29日、WNC初参戦。紫雷美央と組み真琴&松本都と対戦して勝利。
12月15日、WAVEの人気投票企画「ZAN1」で2年連続1位となり、Regina挑戦権を得る。

▼2014年
2月9日、DDTプロレスリングの男性限定興行「野郎Z」に参戦し、アントーニオ本多、諸橋晴也と「アイ・恥ずかしいっと3WAYマッチ」に挑む。胸の谷間に諸橋が持ち込んだ魚肉ソーセージを添えられるも、ローブローで反撃し、さらにムチを諸橋、アントンに振るい、諸橋を恥ずかし固めを決めて「恥ずかしい」と言わせ勝利。
5月18日、WAVE仙台大会にて凱旋。

▼2015年
ZABUN専属制度廃止に伴い、プロレスリングWAVE&OSAKA女子プロレス兼任所属となる。

▼2017年
10月9日、後楽園大会でレジーナ山下りな戦のベルトに挑戦。奪取。

▼2018年
5月、大石真翔との結婚を発表。
12月29日、後楽園ホール大会で現役引退。

<Wikipedia参照>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事