【編集長がよいしょ】ドリー・ファンク・ジュニアと渕正信が「神様」カール・ゴッチさんのお墓参り

ドリー・ファンク・ジュニアと渕正信が、西村修とともに東京・南千住の回向院を訪れ「プロレスの神様」カール・ゴッチさんのお墓をお参りした。

ゴッチさんが大好きだった赤ワインをお供えしたドリーは「前回お会いしたのは、タンパ市内のお互いに大好きなキューバンレストランでした。墓誌には、彼も私も好きな言葉が書いてありました」と声をつまらせ、墓誌に刻まれた「Never Quit」に、何度も手を置いていた。

神妙な顔で手を合わせた渕は「予想以上に素晴らしいお墓。感激しました。ゴッチさんのお墓にお参りできてよかった」と、感慨深げだった。

柴田惣一 (プロレスTODAY編集長)
「プロレスTODAY編集長」であり「プロレス解説者」。 〝千のネクタイを持つ男”の異名もあり。 テレビ朝日「ワールドプロレスリング」、サムライTVでプロレス中継の解説。 今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事