【新日本プロレス】<WORLD TAG LEAGUE 2017>ウォーマシンが現IWGPヘビー級タッグ王者のK.E.Sを撃破!(11.30後楽園大会)

「鉄拳Presents WORLD TAG LEAGUE 2017」

【日時】11月30日(木)
【会場】東京・後楽園ホール
【開始時間】 18時30分
【超満員札止め】

メイン(第9試合)ではBブロック公式戦としてウォーマシン(レイモンド・ロウ&ハンソン=2勝1敗)が、K.E.S(ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.=3勝0敗)と対決。

ここまで全勝街道を突っ走る現IWGPヘビー級王者のK.E.Sは、ラフファイトを主体に前王者のウォーマシンを攻め立てる。

しかし、ウォーマシンも見かけとは裏腹の機動力をベースに応戦。

一進一退の攻防で会場を大きく沸かせた一戦は、ウォーマシンがフォールアウトでスミスを下した。

 

▼第9試合 「WORLD TAG LEAGUE 2017」Bブロック公式戦 30分1本勝負
ハンソン & 〇レイモンド・ロウ【3勝1敗=6点】
(16分33秒 フォールアウト→エビ固め)
×デイビーボーイ・スミスJr .& ランス・アーチャー【3勝1敗=6点】

(※連続写真でご覧下さい!)

(写真:伊藤ミチタカ氏)

▼第9試合 「WORLD TAG LEAGUE 2017」Bブロック公式戦 30分1本勝負
ハンソン & 〇レイモンド・ロウ【3勝1敗=6点】
(16分33秒 フォールアウト→エビ固め)
×デイビーボーイ・スミスJr .& ランス・アーチャー【3勝1敗=6点】

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。 その素顔は運営会社(株)リアルクロス代表取締役社長。 プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。 またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事