【編集長コラム】「追悼 ドン荒川さん」

ドン荒川さんが、11月2日に亡くなっていた。

マット界の訃報を聞く度に「信じられない」と思うのだが、今回は特に強くそう思った。

「あんなに元気な人だったのに…」と。

数年前にお話を伺った時には「荒川節」は健在そのもの。楽しい思い出話を、次々と披露していただいた。ただ「交通事故の後遺症」と顔を曇らせ、慎重に一歩一歩、ゆっくりと歩いておられた。「体調が芳しくない」という話をあちこちから聞いていたが…。

荒川さん、この長寿の時代に、享年71歳は早いですよ。

明るく元気で、にぎやかな楽しい人だった。サービス精神旺盛なムードメーカー。

会場では彼がいるだけで、その場がパッと明るくなった。

昭和の新日本プロレスに欠かせない存在で、「前座の力道山」として大活躍。

当時は珍しかった、コミカルスタイルの草分けで「ひょうきんプロレス」と称され、客席を沸かせファンを喜ばせた荒川さん。

ストロングスタイルを標榜する新日本プロレスにあっては、異質なレスラーでもあった。

ずっこけて見せ「立てぃ!」と大げさに相手を挑発するなど、ひょうきんなファイトに
「ああいう試合を許すなんて、猪木も丸くなったものだ」と、いう見方も一部にはあった。

だが、実力は折り紙つき。

練習熱心で、力も強く、ベンチプレスを誰よりも上げていた。

いつもコンディションが良く、体もパンパンに張っていた。

実力があるからこそ、基礎がしっかりしているからこそ、映えるひょうきんプロレスだったのかも知れない。

「練習しているものね」と、力道山のようなポーズで胸を張っていたのが懐かしい。

実際に鬼軍曹と恐れられた故・山本小鉄さんも、荒川さんには注意も何もしていなかった。

それは、荒川さんのたゆまぬ努力と実力を承知していたからに他ならない。

いつだったか「前座戦線も良いですが、実力があるのだから、もっと上を目指さないのですか?」と聞いたことがある。

すると「いやいや、俺がセミやメインに出たらチャンピオンになっちゃうよ」と豪快に笑った。

荒川さんは、自分の試合が終わると、すぐにシャワーを浴びて、ライオンマークのTシャツに着替え、観戦に訪れていた関係者、後援会、スポンサーの案内や、セコンド業務など、忙しく動き回っていた。

「大変ですね」と声をかけると「じっとしているのが苦手なの。忙しい方が好きなの」とニッコリ。「さっきまで試合をしていた選手が、いろいろと気を使ってくれる」と、関係者の人たちから絶大な支持を得ていた。

試合のみならず、見えないところでも、陰から新日本プロレスを支えていた。

「また来てくれたの」などと、ファンにも声をかけ、若い記者にも気を使ってくれた。

夜の付き合いも積極的。

飲んで飲んで、飲みまくり、みんなが帰るまで帰らない。

「営業部長は俺」と豪語していた。

愛嬌のある人だったが、サービス精神が旺盛すぎて、お世辞お愛想が行き過ぎてしまい、親しい人とトラブルになったり、仲間のレスラーともスポンサーを巡って、口も利かない犬猿の仲になったこともあるようだ。

でも、どこか憎めない人だった。

良くも悪くも「昭和のレスラー」だった荒川さん。

天国では、憧れの力道山さんに、愛嬌たっぷりに挨拶していることだろう。

元気な時は、よく電話をかけて来てくれた荒川さん。

電話魔と言っていいぐらいだった。

「外からでも電話できる携帯電話は、夢のようだね」と言い、何台も使いこなしていた。

「今度、あの人を紹介するよ」あるいは「あの人を紹介してよ」等、人と人とのつながりを大事にしていた。

もうかかって来ることはないけれど、削除するのは忍びない。

荒川さんの番号は、ずっと消さないでおきます。

先に逝ったレスラーたちの間でも、きっとムードメーカーになっていることでしょう。

どうぞ安らかに。合掌。

柴田惣一 (プロレスTODAY編集長)
「プロレスTODAY編集長」であり「プロレス解説者」。 〝千のネクタイを持つ男”の異名もあり。 テレビ朝日「ワールドプロレスリング」、サムライTVでプロレス中継の解説。 今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事