【小橋マリカ インタビュー】イッテンヨンを控える東京女子プロレスより、新世代JKレスラーがその魅力を語る!

【自身の必殺技について】

――今度は小橋選手の必殺技について教えてください。

小橋:必殺技はどれだろうなぁ・・、「愛してますチョップ」かな!フィニッシュシーンのほうは、「ブルドッギング・ヘッドロック」を使っています。でも私、シングルで勝ったことがないんですよね。一度だけ自分が勝ったことがあるのが「逆エビ固め」なので・・・。

――それもアブドーラ小林さんからのオマージュ?

小橋:小林さんは「逆エビ固め」なんですけど、私は「逆片エビ固め」で。小林さんは両方なので、じゃあ私は片方にしてみようと。それで勝ちました!

――ちなみに「愛してますチョップ」はどんな時に出していますか?

小橋:これも完全小林さんのパクリなんですけど(笑)
相手に「逆片エビ固め」をエスケープされた時でロープとコーナーが近かった時に、「今だ!」って思って、小林さん風にやるんですけど、だいたい当たらないかなぁ(笑)

――それは「○○(会場名等)のみなさん、愛してま~す!」っていくんですか?

小橋:そうです(笑)

――フランクさんのほうは

小橋:したいなぁと思っているのは、「スイングDDT」なんですけど、それを私がやってフランクさんのやっているやつだって気づいてもらえる人がいないんじゃないかなって言われて・・。なので違うものをやろうと思いつつ、もう2年(笑)

――フランクさんは、フランクフルトを持っているから、それに代わるものとか。
女の子だったらフルーツとか。フルーツ、何が好きですか?

小橋:好きなフルーツですか、えー。私コロコロ変わるんですよ。うーん、今は柿が好きです(笑)

――柿はなかなか難しそうですね(笑)
ちなみに大日本さんはデスマッチもありますが、デスマッチもお好きなんですか?

小橋:デスマッチ、うーんそうですね、やりたいとかはないですけど・・・。
はじめて観た時は2列目だったので恐い!って印象が強かったですけど、普通に見れている自分もいて。好きなほうではあると思います。

――デスマッチは小橋選手にはやってほしくないですね。

小橋:たぶんキャラに合ってないってなっちゃいますね(笑)

 

【今、そしてこれからについて】

――その他頑張っていることとかはありますか?

小橋:アメブロを一時期頑張ってて。あ、今もやってるんですけどね。
女子プロレスラーランキングっていうのがあって、でも2位止まりだったんですよね。
その時ずっと1位だったのがミス・モンゴルさんだったんですけど。

――すごいですね。これはぜひ1位を目指したいところですね。
キャッチフレーズとかも押して売りにしていきたいですよね。

小橋:そうですね、キャッチフレーズは『JKレスラー』です。今まで受験で休業をしていて、復帰した当初は前のまま、『21世紀生まれのプロレスラー』ってコールされていたんですけど、ある日突然『JKレスラー』って言われてて。リング上で変わってることに気づきました(笑)

――高校生レスラーはなかなかいらっしゃらないですもんね。
そのほかのSNSもやられているんですか?

小橋:そうですねー。でもインスタもTwitterもやっているので、インスタはJKを売りにして日常だけで、ブログとTwitterは日常もプロレスも載せている感じですね。

――ちなみに友達からは小橋さんがプロレスラーになったことについて何か言われましたか?

小橋:知っている友達からは「いつかやると思ってた」って。でも周りにあんまり話してないです。

――クラスの人でも知らない人もいるんですね。

小橋:でも、クラスの男子でガンバレプロレスが好きな子がいて、その子のせいでばれたんですよ!
ある日LINEが来て、「ねぇ、ガンバレプロレス知ってる?」って。
あれ、これやりおったな、ばらしたなと。すごい説明してくるんですよ、「あのDDTプロレスのね・・・」って。やっぱりばれてました。

――クラスの人気者ですね?

小橋::えー全然(笑)

――「プロレスやってるんでしょ」って声かけられたり。

小橋:それが嫌なんですよねー。なんだろう、いちいち説明したくないなぁって思っちゃって。
メディアとかで載ったりするのを見られる分には全然いいんですけどね。

――女子高校生でプロレスラーって少ないんだからバンバン自慢しちゃえばいいのに。
若い子の憧れになってほしいですね。

小橋:頑張ります(笑)

――目指している小林選手も夢を見させてくれますよね。

小橋:そうですね。今までは将来の夢とかって特になかったんですけど、小林さんに会えて
はじめてちゃんと出来た将来の夢かなって思います。

――では、これからの小橋マリカ選手に期待ということで。

小橋:頑張ります!

 

【イッテンヨンについて】


――来年の1月4日に開催される後楽園ホール大会についてお伺いさせてください。
6メンで対戦されると思うんですけど、パートナーの『未来少女軍団』優宇選手、のどかおねえさんについてはいかがですか?

小橋:1回、その3人で組んだことがあるんですけど、夏の新宿Faceだったんですけど、勝ったらみんなでプール行こうって話してたんですね。試合の時も浮かれちゃって。入場の時も3人で浮輪持って浮かれてる感じで入って(笑)
その時の相手がまなせ(ゆうな)さんと、のの子さんと山下(実優)さんだったんですよ。まなせさんとのの子さん、今は『超乳コンビ』で仲いいんですけど、その時はまだバチバチしていた時で、その日の試合の最後のほうでも、2人でバチバチしだしちゃって。のどかおねえさんに私と優宇さんで3人分の浮輪をかぶせて、その隙にのの子さんを丸め込みで勝ったんですよ。私たちの浮かれが勝利を導いたんです(笑)

――絆が勝利を導いたんですね。

小橋::そうですね。でもこの3人が一緒にいると浮かれたことしかやらないんですけどね。

――対戦相手の辰巳リカ選手、ハイパーミサヲ選手、上福ゆき選手はどうですか?

小橋:リカさんんとミサヲさんでいうと、ミサヲさんがリカさんのことめちゃくちゃ好きなんですよ。普段から楽屋でもリカさんのことカメラで撮ってたりして・・。リカさん、めっちゃ睨んでるんですけどね、なんだかんだでいい関係だなって思います。
上福さんは最近デビューしたばかりなんですけど、すっごいパリピで。常になにか楽しんでます。

――対戦相手の3人より自分達のほうが連携取れてるぞって感じですかね?

小橋:チームワークは絶対負けないです!

――どうやって倒しましょうか?

小橋:うーん。やっぱり3人の連携を考えて、試合に出せたらいいなって思いますね。これから作戦会議で練っていけたらいいなぁって思います。でもこの前、のどかおねえさんと2人でタッグを組んだ時もまた浮かれちゃって・・・。
秋だから体育祭だよ!体育祭やろう!ってなって、『ぐるぐるバット』とか用意して、入場から2人で二人三脚をして入りました。ゴングが鳴ってからは、相手に「よし、今日も運動会やろう!」って言って、『ぐるぐるバット』をやってから試合を始めました(笑)

――結構大変ですよね、あれやると。

小橋:やーもう、10回ってこんなに気持ち悪くなるんだーって思いました(笑)
私と伊藤(麻希)ってやったんですけど、伊藤さんめっちゃ早く回るんですよ!
負ける・・って思って必死に頑張ったら、もう気持ち悪くて・・・。
『コーナー4つタッチしたら勝ち』ってルールにしたんですけど、伊藤さん、私が1つタッチするごとに妨害してきて。2つタッチした時点で伊藤さんが4つタッチして負けましたね。

――それは残念。

小橋:そしたらのどかおねえさんが「仇ー!!」ってボコボコにしてくれて(笑)

――それは頼もしいですね(笑)
では、その他の試合で見所等を教えてください。

小橋:全部それぞれよさがあるんですけど、アプガちゃん(アップアップガールズ)のデビュー戦。
これは私もすごく楽しみにして、今日までの練習、全員が皆勤賞なんですよ。休むことなく来てて、ジムもちゃんと行って鍛えてるんです。
ミウちゃんが高校3年生で年齢が一番近いので仲良くしたいなって思うんですけど、なかなか時間が合わなくて残念で。でも4人とも仲良くなりたいなぁって思っているので、仲良くなりたいオーラはいつも出してます(笑)

――年齢が近い子がいるといいですよね。

小橋:そうなんですよね、同じ年の子がどんどん増えてくれるといいなって思ってます。

――その他の試合ではいかがでしょうか?

小橋:まほさんとベーダ・スコットさん。まほさんはゾンビなので、ゾンビ対外国人の闘いっていうのが気になっていて。まほさんは外国人の肉を食べたがるのかどうなのかって。若いお肉が好きなので、どういう化学反応になるんだろうって。そこらへん楽しみにしてます!

――想像がつかない試合になりそうですね。では、メインはいかがでしょうか?

小橋:メインは、挑戦者を決める闘いが新宿Faceであって、優宇さんと山下さんが闘ったんですね。
その時私は優宇さんのセコンドについていたんですけど、言葉が出ないくらい激しい闘いでした。
挑戦者を決めるということであんな熱い闘いをしていたので、プリンセス選手権はその上をいくと思ったら全然想像がつかなくて・・・。才木さんが出す技って打撃系もあるじゃないですか、山下さんは完全打撃系だし。また使っちゃいますけど、この2人の化学反応が楽しみです。
山下さんの打撃って、めっちゃ痛いんですよ~(笑)

――いいところに打ってきますもんね。

小橋:それに、今山下さんってアイアンマンヘビーメタル級のベルトも持っているので、どちらが勝っても2冠になるんですよ!それってすごくないですか!?

――すごいですね。でもアイアンマンはいつ取られちゃうか分からないですからね。

小橋:わたしも取ったんですけど、すぐ取られちゃいました~。千六百・・・うーん、1662代だっけ?

――(ネットで調べる)1262代でした。

小橋:あ、全然違う(笑)

――アイアンマンはいろんな人が取ってますからね。

小橋:でも最近知ったんですけど、このアイアンマン、フランクさんも取ったことあるらしくて。フランクさんも取ったことのあるベルトを一瞬でも手にしたことがあるってテンション上がりました!

――次回はプリンセスオブプリンセスのベルトですね。

小橋:そうですね、いつか取れるといいです!

――今日はありがとうございました。

小橋:こちらこそありがとうございました!
わたしも楽しみにしているイッテンヨン、ぜひ来てください!!

 

◇ 後楽園ホール大会『東京女子プロレス’18』
日程:2018年1月4日(木) 開場:11:00 開始:12:00
会場:東京・後楽園ホール
公式HP:http://www.tokyojyoshipro.net/archives/6574.html

(インタビュアー 山口義徳)

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY総監督』
株式会社リアルクロスを設立し、❝楽しめるプロレスNEWSメディア❞『プロレスTODAY』を立上げ!
プロレスTODAYのインタビュー・企画・進行・管理を担当。
プロレスに懸ける情熱は不変!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2