【新日本プロレス】イッテンヨン東京ドーム・スペシャルアンバサダー松井珠理奈さん、松村香織さん(SKE48)と『大プロレス祭り2018』でトークショー開催!

『大プロレス祭り2018』にて、“1.4東京ドーム・スペシャルアンバサダー”松井珠理奈さんが特別トークショーに登場。ゲストは“かおたん”ことSKE48の松村香織さん。司会は三田佐代子さんが担当した。

トークテーマは3つ
①ドラマ豆腐プロレス裏話
②絶対に受けたくない!必殺技BEST1!!
③開運!プロレス女子的キュンキュンポイント

この松井さんと松村さんの二人は、『豆腐プロレス』内では、ドラマ内ではライバル同士の二人であり、一時期は「共演NG」の時もあったとか。

まずトークは、AKB48のメンバーによる女子プロレスドラマ『豆腐プロレス』の振り返りからスタート。松井さんと松村さんは「『豆腐プロレス』のリングでの撮影は、このディファ有明で撮影していたんです!」と告白。

さらに『豆腐プロレス』のコーチを担当したミラノコレクションA.T.さん(新日本プロレスワールド解説者)だったが、「ミラノ先生、アツいよね!」「技もそうなんですけど、技の前にする決めポーズにまでアツくなりだした」と当時を振り返ってコメント。さらに松村さんは「ミラノ先生はちょっとセクシー系が好きみたいで、そういう娘には指導もとくにアツかった(笑)」と暴露トーク。

さらに2017年8月29日に後楽園ホールにて行われた『豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX』に関して、三田さんから「“聖地”後楽園で試合をした感想」を聞かれると、松井さんは「後楽園にも新日本プロレスを観に行っていたので、観ている方に納得してほしいなという気持ちやプレッシャーがあったし、なによりプロレスファンの方に認められたいという気持ちがあった」と告白。

また、「プロレスファンの一部の方からは、私たちが後楽園で試合をやることに厳しい意見も聞こえてきたので、『そういう意見を覆したいな!』と思って、一生懸命やりました」と松村さん。司会の三田さんからは「大会が終わった後、ミラノさんが泣いていた」と言い話も飛び出した。

さらに今後の『豆腐プロレス』に関しては、松井さんは「じつは次の展開が決まりまして……」と匂わせると、場内はどよめきが発生。「でも、まだくわしくは言えなくて。くわしいことはもうすぐ発表されるんですよ。それまではトランキーロ、あっせんなよ!」とニッコリ。

続いての話題は、「絶対にこの技は食らいたくない!」というお題。フリップを出した松村さんは、「ダイビングセントーン」という返答。

「自分でも実際にやってみて『コレは食らいたくないな』」と思いました。最初の練習の頃、ドラマのスタッフの男性の方にテストで受けてもらってたんですけど、痩せている方に向かって飛び込んで行ったんです。その方は『大丈夫です!』と言ってくれたんですが、だんだん具合が悪くなって感じで……。やっぱり食らいたくないですね」と実体験を踏まえてのコメント。

一方の松井さんは「ハイフライフロー」の返答。棚橋さんとの対談の中で、実際に教えてもらったんですけど、高いところから全身で落ちていきますから、あたりまえですけど実際に凄く痛いんです。かける方も痛いし、受ける方も痛い。もちろんヒザでカットされたらさらに痛い(苦笑)」とコチラも実体験を踏まえて語ってくれた。

さらにケニー・オメガ選手の「片翼の天使」を観て、「コレをやってみたい!」と思ったんですけど、ミラノさんに「この技は受ける方も危険ですので止めてください」と言われたエピソードや、「コブラクラッチ」に関しては、「最終前哨戦でオカダさんが内藤さんにやっていたのを見て、凄い技だと思ったのと同時に受けたくないなと思いました」と語った。

最終的には二人とも「受けたい技はない!」という結論に達し、「こんな技を受け切る選手のみなさんは、本当に凄い!」とコメント。

最後のお題は、「レスラーのこんなところにキュンキュンする」というお題。名古屋のほうで棚橋さん、真壁さん、本間さんとCMをご一緒やらせて頂いたという松村さん。本間さんとは長い間、撮影が一緒だったものの「コミニュケーションとれた」という松村さん。なんと最後に「撮影が終わった時に、本間さんから名刺をもらったんです。それにメルアドが書いてあったけど、シャイな感じで渡してくれたのでかわいいなと思って」とまたもやぶっちゃけトーク!ただし、「メールを送ってはいません!」とキッパリ返答した。

さらに松井さんは、「試合中はあまりにもマジメに観すぎてて、それほどキュンキュンとかは思わないけど、けっこうセコンドの方を観てしまうんです」と語り、「たとえば、海野翔太選手と海野レフェリーがちょっとだけ会話を交わしたり。そういえば翔太選手も赤いシューズなんですよ!」とマニアックな視点を語りつつ、「あと、たまにセコンドの北村(克哉)選手が試合中に口をぽかーんと開けて見入ってしまっていることもありますよね(笑)」とコメント。

また、翌日の1.4東京ドームを前に、松井さんは注目の試合として、「飯伏選手とCody選手は男前対決、インスタ映えする二人だなと思います」と語った。

最後に今回は、「プライベートでも絶対に1.4東京ドームに行こうと思っていたんですけど、まさかアンバサダーに選んで頂けるとは……!」と改めて感激の様子。「これからもプロレスをまだ知らない方にも広めていきたい」とアンバサダーらしく決意のコメント。

最後の最後に、松井さんは「最後にやりたいことがあるんです!」と会場のファンと自らが考案した「みんなでプロレス、イッテンヨン!」ポーズで締めくくった。

※新日本プロレス公式ホームページより

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事