【DDTプロレスリング】石川修司がHARASHIMAとの激闘を制しD王 GRAND PRIX 2018初代王者に!3.25両国大会のメインで竹下幸之介の持つKO-D無差別級ベルトへ挑戦!<1.28後楽園大会>

『D王 GRAND PRIX 2018 the FINAL!!』が1月28日に東京・後楽園ホール大会で開催された。メインイベントは、DDT 最強を決める「D王 GRAND PRIX 2018」の優勝決定戦が行われ、〈Aブロック1位〉のHARASHIMAと〈Bブロック1位〉の石川修司が対戦。キャリアを持つ二人の対決に序盤は緊張感ある展開、お互いに意地がぶつかる一進一退の攻防も最後は、石川のカミゴェからのランニングニー、そしてジャイアントスラムでHARASHIMAからのカウント3を奪い戦いを制した。これにより3.25両国大会のメインイベントで、竹下幸之介の持つKO−D無差別級のベルトに挑戦が決定した。

D王 GRAND PRIX 2018 the FINAL!!
【日時】2018年1月28日
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】1214人(満員)

メインイベント D王 GRAND PRIX 2018優勝決定戦 時間無制限一本勝負
<Aブロック1位>●HARASHIMA vs 石川修司○<Bブロック1位>
19分12秒 片エビ固め
※ジャイアントスラム。石川がD王 GRAND PRIX 2018初優勝。

(連続写真でご覧下さい!)





⇒次ページから試合開始

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2