【DDTプロレスリング】石川修司がHARASHIMAとの激闘を制しD王 GRAND PRIX 2018初代王者に!3.25両国大会のメインで竹下幸之介の持つKO-D無差別級ベルトへ挑戦!<1.28後楽園大会>


































試合後のマイク

石川「僕のタイトル歴の中にD王GP初代覇者っていう肩書が付きました。これからは、その名に恥じない戦いをもっともっとしていきます。」

ここでリングに竹下が登場し、お互いに意気込みを語る。

石川「竹下、そのベルト、俺が巻いたほうがもっと輝くよ。3月25日両国で、そのベルト俺がもらってもっと光らせてやる。」

竹下「石川さんのプロレス界に対する貢献度、それは間違いなく日本一だと思います。確かにこのベルトは僕より、石川さんのほうが輝くかもしれないし似合うのかもしれません。でも、僕はこの約一年間このベルトを守ってきた。その、あとはもう意地。それだけで石川さんあなたから必ず両国防衛したいと思いますんで、もう一度両国で、このリング破壊しましょう。」



最後の最後の挨拶ではダムネーションがリングに集まり、石川が歌うと振り、なんと星野源の恋を石川が熱唱し、横ではマッド・ポーリーが恋ダンスを披露し、会場を大いに沸かせた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2