「10・7昭和の新日本プロレスが蘇る日」10/7(金)後楽園ホール開催 (開場)17:30 (開始)18:30

30-dsc_0685

<記者会見レポート>
【「8.26夢のオールスター戦」
(1979年8月26日 日本武道館)の映像をサプライズ上映が決定!】

10月7日(金)、午後6時30分より東京・後楽園ホールにて開催される「10・7昭和の新日本プロレスが蘇る日」についての記者会見が9月30日(木)午後2時より、東京・帝国ホテルにて行われ、大会の概要が発表された。

 

会見には新間寿実行委員長、藤波辰爾、初代タイガーマスク、舟橋慶一実行委員(元テレビ朝日アナウンサー/プロレス実況担当)、榛葉賀津也名誉実行委員(リアルジャパンコミッショナー)平井丈雅実行委員(リアルジャパン代表)が出席。

 

新間寿実行委員長「私が経験した新日本プロレスというのは、いま81歳になっても、いまだにまだ沸々と燃える闘魂が心の中から弾き出るような、そういう日常でございます。アントニオ猪木がいて、坂口征二がいて、ドラゴン藤波(辰巳=当時)がいて、タイガーマスクがいて、長州力がいて、どれ一人をとってもみんな凄い選手。私は現在81歳になりました。昭和の新日本プロレスを思い続け、過去を大事にすることというのは、自分の未来、あと2年か3年かわかりませんが、大事に生きようという気力を蘇らせてくれております。現在もローラーをヒザを着いて30回、10セット。腹筋台のワンダーコアというやつはパンツが擦り切れるほど7セットから10セットくらいやっております。そういう気力を呼び起こし、そしてやる気を持たしてくれたのが昭和の新日本プロレスでございました。今日は10月7日について新しい発表を榛葉賀津也先生のほうから発表させていただきたいと思いますけども、10月7日は本当に凄いプロレスをお見せできる、こういうものがあったんだということを今一度皆様にお伝えしたいというのが、今回10月7日、ビデオによる放映とトークショーを企画したしだいでございます。今日は本当にありがとうございます」

 

榛葉賀津也「このたび名誉ある大会の名誉実行委員ということで承りました参議院議員の榛葉賀津也でございます。昭和といえばプロレス、プロレスといえば昭和、我々子どもの時代のアントニオ猪木、藤波辰巳(当時)、そしてタイガーマスクとまさに黄金時代を創ったその昭和が10月7日、蘇ってくる。プロレスファンにとってはたまらない日になると思います。国会議員をやってますが、その道を志したのも、新日本プロレスの当時のコミッショナー、二階堂進先生に憧れて、私は政治の道を志しました。国会議員になればプロレスラーに近づけるとの思いが子ども心にありました。いまこうして仕掛け人の私のプロレスの師であります新間寿会長、そして藤波先生、佐山(初代タイガーマスク)先生と一緒に時間を過ごせるというのが、いまの女子高生にとっての、マツジュンとキムタクと一緒にいるよりも信じられない瞬間でございます。このたび、昭和54年8月26日、東京スポーツ新聞社さんの主催で新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、この3団体がなんと「夢のオールスター戦」を実行した。そのときの秘蔵映像が新間会長のお手元にあることが分かりました。今回10月7日、秘蔵映像初お披露目ということになりました。見たことがないので、今からワクワクドキドキなんですが、話に聞きますと、ファイナル(メイン)は(アントニオ)猪木と(ジャイアント)馬場がタッグを組んで、(タイガー・ジェット・)シン、(アブドーラ・ザ・)ブッチャーと闘った試合とのことです。是非、この10月7日、「10・7昭和の新日本プロレスが蘇る日」イベントでは、「夢のオールスター戦」の秘蔵映像もぜひお楽しみにしていただきたいと思います」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3 4