【WWE】戸澤陽、トーナメント無念の1回戦敗戦

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆戸澤陽、トーナメント1回戦敗戦

205 Liveでは16名で競うクルーザー級王座決定トーナメント1戦で戸澤陽がUK王座トーナメントのセミファイナリスト、マーク・アンドリューズと対戦した。

「レッスルマニアに行く俺を誰も止められない」と意気込んだ戸澤はシャイニング・ウィザードからトペ・スイシーダを叩き込むなど再三チャンスを掴んだ。

しかし、ンドリューズの巧みな攻撃に苦しむと、最後はシューティングスーを回避した戸澤がキックを決めて丸め込むも、逆にアンドリュズに抑え込まれてカウント3

戸澤はまさかの一回戦敗退となっしまった。

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
プロレスを愛して早36年。
株式会社リアルクロスを設立し、楽しめるプロレスNEWSメディア『プロレスTODAY』を立上げ!
プロレスTODAYのインタビュー・企画・進行・管理を担当。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事