【村瀬広樹のUTAMARO(ウタマロ)日記】~プロレス武者修行 in USA~【33】「アメリカの深夜バス」

I went to a new place to find a new toy.

But the road is tough.

And it’s dangerous.

I was very scared.

 

 

さぁ始まりました世界UTAMARO滞在記。

 

今週は大好きなピッツバーグの仲間と別れ、一人で夜行バスに乗り、インディアナポリスへ7時間かけて移動。

 

 

初めての夜行バスということもあり、楽しさ半分、不安半分の中で、バスは出発。

 

バスは平日の夜中というのに超満員。

 

 

 

しかも見渡せば世界中の人が乗っている。

座席に座り、周りを見渡したら英語、スペイン語、フランス語、中国語が聞こえてくる。

ちなみに日本語は聞こえてきませんでした(泣)

 

座席シートは日本と同じぐらい。

車体のサイズも日本と変わらない。

 

ですが日本と唯一違うのが、人間がみんなデカイ! 男女問わず。

私の隣もデカいアメリカ人男性。

 

 

終始お互いの腿は接触しています(泣)

かなりキツキツで息苦しかった。

 

しかも車内は禁煙なのに、あきらかにタバコやマリファナなどの臭いがするし。

 

夜行バスなのに怖くて寝れず、常に頑張って起きていたよ。

 

むちゃくちゃ眠たかったが、寝たら終わりかと思って起きていた。

 

あとびっくりしたのが途中休憩の度に全員外に出された。

寝ていても関係なく起こされました(笑)

 

 

何とか翌日の昼にインディアナポリスに到着し、バスターミナルまで迎えに来てくれた友人と合流。

 

その瞬間強烈な安心感というか、なんというか、涙が出そうになったよ。

 

これから1週間インディアナポリスの街でプロレスをしながら生きていきます。

 

 

なんかまたいろんな意味で、一段と成長した気分だよ。

 

やっぱり違う国で生きていくのは、本当に命がけだよ。

サバイバルだよ、マジで!

 

 

もっとこういうの、日本のレスラーも経験するべきだと思う。

 

絶対リング内外含めて、プロレスや人生観が変わると思うよ。

 

昔の選手はみんな行ってたんだもんね、海外に。

 

スゲ~~よ。

俺も頑張ろう!

 

 

オッと~~♪

そろそろ餌の時間だ。

また満月の夜にでも。。。

 

村瀬広樹(UTAMARO)

フリーランスプロレスラー村瀬広樹(UTAMARO)。
「100%楽しいレスラー人生」をつかみ取るため「無期限」海外武者修行。あえてイバラの道を選択した「ジャパニーズ・ドリーム・ボーイ」。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事