【WRESTLE-1】イケメンが立花を丸め込む!リザルトチャンピオンシップ初防衛に成功!

「WRESTLE-1 TOUR 2018 CHERRY BLOSSOM」
4.18東京・後楽園ホール大会

【開催日】 2018年4月18日(水)
【開始時間】19時00分
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】751人

WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ 60分1本勝負

黒潮“イケメン”二郎〇/NEW ER

VS

立花 誠吾✖/Enfants Terribles

10分44秒(イケメンフラッシュ)

※第5代王者・黒潮“イケメン”二郎が初防衛に成功。

序盤からお互いにウンコ座りで「ああ〜ん?」と睨み合う両者。

しかし、イケメンの攻撃が神林レフェリーに誤爆。その隙きに立花は竹刀でイケメンを滅多打ち。

さらに左腕に照準を絞って集中攻撃を食らわせていく。

だが、コーナーに追い詰められたイケメンは立花をエプロンに追い出すとトラースキック。

さらに場外にいる立花目掛けて鉄柱からラ・ケプラーダだ。そしてリングに戻るとコーナー最上段で立ったイケメン。

だが、立花はイケメンの攻撃を察知してか、ビビった様子を見せる。

その様子を楽しんだイケメンは何度かフェイントをかましてからフットスタンプを投下。さらにイケメン落としで追撃だ。

だが、立花は続くイケメンのトラースキックをかわして、その身体をまたも神林レフェリーにぶつける。

そして、竹刀を持ち出して攻撃だ。だが、イケメンはこれを巧みにかわして竹刀を奪取。

お返しとばかりに立花に一撃食らわせに行く。ところが、立花も巧く避けてロープを叩かせて、その反動で自爆させる。

そして左腕を固めたままコーナーにぶつけ、カウンターでSTO。

さらにストレッチ状態から叩きつけて、脇固め、シルバーロックの必殺コースだ。

しかし、イケメンはこれを強引に持ち上げてセカンドロープまで上がる。そしてショルダースルーで投げ飛ばす。

そしてムーンサルト! しかし、立花はこれをかわして自爆させることに成功。ここぞとばかりに丸め込もうとする。

だが、イケメンはさらに切り返して、丸め込み。イケメンがそのまま3カウントを奪ったのだった。

 

イケメンのコメント
「防衛したんですけど、熊ゴローがアンファンに入ってリザルトどころじゃない。稲葉は欠場……。俺が動きます。熊と芦野に組まれた。一番恐れていたことが起きたわけですから」
※コメントは全試合終了後。

立花のコメント
「ああクソ! ああクソ! クソ!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事