【WWE】ロリンズがベイラーを制してIC王座防衛

現地時間4月30日、カナダ・ケベック州モントリオールでロウが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆ロリンズがベイラーを制してIC王座防衛

メイン戦ではIC王座を賭けて王者セス・ロリンズとフィン・ベイラーが対戦した。

試合はお互いが技を読み合い、ロリンズがトペ・スイシーダ2連発を狙うと1発目は命中。2発目は逆にベイラーが攻撃を読んでカウンターキックで迎撃。

さらにコーナーセカンドロープからロリンズが雪崩式ブレーンバスターを決めるも、ベイラーが続けてファルコンアローで決め返すハイレベルな攻防を展開。

試合終盤ではお互いの決め技、ベイラーのクー・デ・グラ、ロリンズのカーブ・ストンプ2発が読まれて接戦となるも、最後はロリンズがカウンターのスーパーキックを決めると、カーブ・ストンプを叩き込んで王座防衛を果たした。

王者ロリンズ対ザ・ミズのIC王座戦が決定しているPPV「バックラッシュ」は日本時間57日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事