【プロレスリング・ノア】<5.29後楽園でGHC3大選手権開催!>GHCタッグ・潮﨑&清宮vs中嶋&北宮 調印式の模様

5月23日、後楽園ホール1FにあるTGI FRIDAYSにて『TGI FRIDAYS×プロレスリング・ノア コラボイベント FAN MEETING 2018 in FRIDAYS vol.3』として5.29後楽園大会で行われるGHCタッグ選手権試合・潮﨑豪&清宮海斗vs中嶋勝彦&マサ北宮の公開調印式が行われた。

【GHCタッグ選手権試合公開調印式の模様】

GHCヘビー&タッグ調印式の模様_005

 

ーー王座戦に向けた心境を

▼北宮 新潟で彼らに負けてベルトを失った。なぜ、負けてすぐ挑戦表明したか。この二人(ゴーカイ)ではGHCタッグのベルト(の価値)は上がらない。この二人ではGHCタッグのベルトは担げない。そう思ったから挑戦表明しました。一週間後の後楽園ホール、しっかりとベルトを獲り返して、ジ・アグレッションのタッグ政権仕切り直し…といきたいと思います。

▼中嶋 ついに一週間後ですか。チャンピオンチーム、そのベルト、結構重たいでしょう? 約1カ月かな。そのベルトを持ってて、どうだったか分からないけど。まぁ来週には俺たちのもとに戻ってくるんで、せいぜいあと一週間、ベルトと一緒に寝て、磨いて、待っとけよ。

GHCヘビー&タッグ調印式の模様_006

 

▼潮崎 新潟で清宮海斗とこのベルトを獲って、ジ・アグレッションとリマッチ。俺としては何の異論もない。そしてこのベルトの価値を上げて、潮崎豪と清宮海斗のタッグチームの価値を上げていく相手としても不足はない。受けて立つ気持ちなんですけど、ただ! マサがさっき言ってましたけど、そう言うなら『負けるなよ』と。俺が言いたいことはそれだけなので。タッグのベルトを奪いたい意気込みはいいんですけど、負けたことをとやかく言うのは前チャンピオンとしてどうなのかな、と思いますし、29日も負けるつもりはありません。しっかり防衛して価値をさらに上げていきたいと。

GHCヘビー&タッグ調印式の模様_007

 

▼清宮 (※アグレッションの方向を向いて)初めて獲ったGHCのベルトなので、ハッキリ言って重いです。凄く重いです。だからこそ、このベルトに対する思いは強いものがあるので、必ず当日は全力で防衛します。

GHCヘビー&タッグ調印式の模様_008

 

ーー潮崎選手から『だったら負けるなよ』と言われたことについて?

▼北宮 負けた事実は覆らないとは思ってるんで。勝ってそれは払しょくするしかない。負けるな負けるなって言っても、プロレスキャリアのなかで一回も負けてないレスラーなんていないんだから。負けを忘れさせるような勝ちをもぎ取りたいと思います。

 

ーー丸め込みで決着した新潟のタイトルマッチの後に、ジ・アグレッションの二人は『あんな勝ち方で』と言っていたが、改めてその真意は?

▼中嶋 真意というかね…こっちは『あんな勝ち方』って言ったかもしれないけど、結果挑戦表明をすぐ受けたんでしょ? 翌日にはリマッチが決まって。今は強がってそう言ってるけど、当の本人たちも納得いってなかったから、俺らのアピールを受け入れたんじゃないかなと思ってるし。そこに関してはひじょうに“男らしい”とは思いますけど。

 

ーーだからこそチャンピオンチームは今回こそは問答無用の勝ち方をしたい?

▼潮崎 (新潟の)あれはあれで、俺はベストな勝ち方だったと思ってるし。それで納得いってなかったから受けたワケでもないしね。ただただ潮崎豪&清宮海斗組、そしてこのベルトの価値を上げるためには、すぐに挑戦表明してきたジ・アグレッションを再び超えることが一つの手段だと思ったんで。勝ち方うんぬんっていう論争をしてくるなら、いくらでも勝ってやりますよ。

▼中嶋 (※清宮に)しゃべってみろよ、丸めこんだ張本人。

▼清宮 確かにあの場面では切り返すことしかできなかったんで。ジ・アグレッションの言い分も分かるところはありますが、だからこそ次の後楽園ホールでは納得いく形で勝ちたいと思います。

 

ーー先ほどのGHCヘビーの調印式で丸藤選手が『セミファイナルのタッグ選手権を行う若い4人に見せつけるような戦いをしたい』と言っていたが、それぞれ何か思うところがあれば

▼潮崎 自分たちを意識していただいてるのはありがたいですし、俺は常にその大会で一番皆さんの心に残る試合をするように心がけてるつもりですし。今回の29日もそれは変わらず、メインのGHCヘビーの上を行く戦いを海斗とジ・アグレッション、そして会場の皆さんと創り上げたい。その気持ちが強いです。

▼清宮 もちろん、闘争心は燃やしてます。“新生ノア”ですから。俺が代表したいと思ってます。

▼北宮 え〜どうぞご自由に、勝手に張り合ってください。以上。

▼中嶋 彼ら二人だけの試合…イコール彼らの時代、世代の良さを出していこう、ってカンジなんですかね。見せつけたいと言われても、僕らは常に見てきたんで。そのうえで彼らを超えて世代交代をしなきゃいけない。ずっとそう思ってリングに上がり続けてるんで。僕的には逆にいい試合をしてもらったほうがいい。さらに超えたい!って気持ちになるし。今回の後楽園、セミとメインのタイトルマッチでちょうど世代の戦いがみせられると思うんで、内容でももちろん勝っていきたいし、その先にも考えはあるんで…

GHCヘビー&タッグ調印式の模様_009

 

ーー中嶋選手は前哨戦を通じて攻撃性というか残虐性が加速しているが?

▼中嶋 さらにどん欲になった…ってことですかね。そして今のこの状況にひじょうに危機感を感じてるし。新生ノアってうたってる割にはメインは“戻ってる”しね。“過去”になってるし。そういう状況を一日でも早く良い意味でぶっ壊していかないといけない。そのためにも俺たちジ・アグレッションはベルトが必要だし、その先を見据えてやってるから。ベルトを獲るのがゴールではなくてスタート。それだけ俺たちジ・アグレッションは今回の5・29後楽園は……賭けてます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事