【WWE】アスカ、ハンディ戦制するも王者カーメラに屈辱!

現地時間6月6日、テキサス州コーパスクリスティでスマックダウンが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アスカ、ハンディ戦制するも王者カーメラに屈辱

スマックダウンオープニングに登場したアスカはマンディ・ローズとソーニャ・デビルの対戦要求に「2人まとめて対戦してやる」と自らハンディキャップ戦を選択した。

カーメラがゲスト解説として見守る中、試合が始まると、マンディ&ソーニャーは巧みに交代を繰り返して連携攻撃、さらにカーメラがアスカを挑発して隙を作ると後ろからソーニャが襲い掛かった。

スカはソーニャと同時ハイキックでダブルノックダウン、さらに渾身のスピアーを食らって一時は追い詰められるも、最後はアスカロックで捕まえるとタップを奪って勝利した。

試合後、アスカはリングに上がったカーメラと対峙すると、背後からマンディが襲撃。

これをバックブローでいなしたアスカだったが、隙を突いたカーメラのスーパーキックでリングに沈んだ。

王者カーメラ対アスカのスマックダウン女子王座戦が行なわれるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間618日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事