【村瀬広樹のUTAMARO(ウタマロ)日記】~プロレス武者修行 in USA~【41】「日本で思うこと」

I returned to Japan.
I have a lot of power in Japan.
And I will fight in Japan, too!
Meet me at Arena!

さぁ~始まりました世界UTAMARO滞在記。

日本にちょっと立ち寄り、時差ボケを治したり、耳鼻科などの病院に行ったり、柴田さんの髪を引っ張りに行ったり(笑)

久しぶりに朝から晩まで日本語を話すので、たまに単語が出てこず、噛んだりもして大変(笑)

いや~~、毎度のことだけど、日本は何でも便利でご飯も美味しい! 全世界、行ったわけではないけど、間違いなく良い国ベスト3には入るよ。

でもみんな静かだけどね(笑)

そんな中アメリカの仲間から『今度はいつ来るの? 待っているよ!』などのメールを沢山送ってくれる。

これ本当に嬉しい! どちらかといえば。俺が面倒見てもらっていたのに、そう言ってもらえて。

次の街でも、そう言ってもらえるように、結果出さないとな!

久しぶりの日本に俺は心身ともに充電中。

試合も数試合出場する予定。日本のプロレスを楽しもうと思う。

その姿を見てみな!
きっとそんなあなたも楽しくなるから!

そんな今日、ふと携帯の写真を見ていて、実際現地に行って驚いたことを2つ紹介するよ。

まず一つは、長さや重さの単位。

例えば日本ではダンベルの重さは、キログラムで表示するがアメリカではポンド。だから最初の頃はジムに行っても、実際何キロのダンベルを挙げているのか、わからなかったよ(笑)

あとは長さだよな。
日本じゃキロメートルやセンチメートルで表示されるが、アメリカではマイル。

これはほんの一部だが、こういったように国によって沢山の事が異なる。だから大変なんだよな、海外で生活していくのは。

あともう一つ挙げるとしたら、タトゥーかな。
日本でもファッション感覚で、タトゥーをする若い人が増えてきているが、それでもまだ温泉やプールに入れなかったり、就職で不利になるなど、マイナスイメージがある。

一方、アメリカでは年齢に関係なく、タトゥーをしている人がたくさん! 中でも驚いたのが、警察やアメリカ軍の人など国の仕事している人も、タトゥーをした人が多くいた。

日本だったら、まだまだ考えられないことですよね!
管理職の人なら、クビになるかも知れないぐらいだからな。

もちろん、アメリカでも職場によっては、タトゥーが就職に不利になることがあるらしいが。

でも日本よりも許容範囲は広いように感じた。

他にも驚いたことは沢山あって伝えたいが、尺がそろそろ(笑)
また次回にな。

オッと~~♪
そろそろ餌の時間だ。
また満月の夜にでも。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事