【WWE】ビック・キャス(213cm)と35cm差を跳ね返してダニエル・ブライアン(178cm)が激勝!

米国現地時間617日にイリノイ州シカゴで「マネー・イン・ザ・バンク」が開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

35cm差を跳ね返してブライアンが激勝

PPV「マネー・イン・ザ・バンク」のオープニングマッチとして178cmのダニエル・ブラインアンが213cmのビック・キャスに挑んだ。

35cmの身長差にも関わらず、ブライアンはイエスキックやドラゴンスクリューの連打で果敢に攻め込んで試合を優勢に進めるも、キャスも体格差を活かしてベアハッグやボディスラムでブライアンを投げ飛ばして対抗した。

ブライアンはキャス必殺のビックブーツを食らうも、これをカウント2で返すとニー・プラスでキャスを吹き飛ばし、最後はヒールホールドで捕まえてタップを奪って勝利した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事