【WWE】ロリンズ、反則判定でIC王座逃す

米国現地時間625日、カリフォルニア州サンディエゴでロウが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆ロリンズ、反則判定でIC王座逃す

ロウではIC王座を賭けてセス・ロリングが王者ドルフ・ジグラーと対戦した。

セコンドのドリュー・マッキンタイアの妨害で苦戦したロリンズがフロッグスプラッシュを決めるもカウント2。

ジグラーもジグザグを決めて両者熾烈な攻防を展開すると、ロリンズがコーナートップから豪快にスーパープレックス、さらにファルコンアローを連続で決めて決定機を迎えると、マッキンタイアがレフェリーを引っ張って反則裁定となってしまう

敗戦も王座移動を免れたジグラーとマッキンタイアは試合後もロリンズを襲撃。

すると、こにレインズが現れてジグラーにスピアー、マッキンタイアにスーパーマンパンチを食らわせてロリンズを救出した。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事