【WWE】ロンダ、王座戦乱入もアレクサ王座防衛

米国現地時間715日にペンシルベニア州ピッツバーグで「エクストリーム・ルールズ」が開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆ロンダ、王座戦乱入もアレクサ王座防衛

PPV「エクストリーム・ルールズ」で王者アレクサ・ブリスとナイア・ジャックスのロウ女子王座が反則判定なしのエクストリーム・ルールで行われた。

謹慎中のロンダ・ラウジーが最前列で観戦する中、アレクサにはミッキー・ジェームス、ナイアにはナタリアがセコンドに付いた。

体格に勝るナイアが試合を優勢に進めるも、コーナーにナイアが誤爆すると、ミッキーとアレクサ2人でナタリアを攻撃。

すると観客席にいたロンダがたまらず救出に現れるとミッキーを投げ飛ばし、さらに逃げるアレクサを追いかけた。

しかし、ミッキーが竹刀を持ち出してロンダを不意打ちして撃退すると、さらにアレクサがパイプ椅子上にDDTでナイアを沈めて王座防衛に成功した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事