【村瀬広樹のUTAMARO(ウタマロ)日記】~プロレス武者修行 in イギリス~【45】「イギリスの食事事情」

I have had a lot of experiences.
the state of being different from Japan I study every day.
And I felt it at a supermarket in England.

さぁ~始まりました世界UTAMARO滞在記。

なんとか、なんとか生きています。

日々連日2試合を戦い、流石に身体中がボロボロになってきているが、日本ではできないたくさんの勉強や経験を、積ましてもらっているから、今の状況に感謝し、楽しんでいるよ!

それにしてもこの前あがった団体には驚いたよ。

そこは日本のプロレスとは違い、全てがボスの一存で決まる団体だった。

リングの中での戦いは、真剣勝負だから変わらないが、それ以外の全てが決められる。

コスチューム、入場の仕方、入場曲、マイクの内容など全てが決められている。

初めてのことだった為に、試合後には俺もいろいろ注意されたよ(笑)

イギリス英語だから、ほとんど何を注意しているのか、わからなかったけどな(笑)

イギリス英語だからアメリカ英語とちょっと違って、コミュニケーションにはホントいろいろ苦戦しているよ毎日。

まぁ、それには俺もいろいろ苦戦したが、中々出来ない経験だし、良い勉強になったよ。

「自己主張が全く出来ないプロレスをした」って感じかな。

こんな感じで、試合、試合の毎日を繰り返しているので、週の半分はホテルもしくは、キャラバン生活をしている。

みんなで毎日、朝昼晩と外食するわけにはいかないので、よく皆でスーパーに行く。

今日は、そんなイギリスのスーパーで感じたことを、一つ書こうかな。

聞けばイギリス人の夕飯は、ほとんど冷凍食品らしい。

そのせいか、イギリスのほとんどのスーパーの半分くらいは、冷凍食品コーナーが置かれている。

中には8割冷凍食品コーナーというスーパーもあった。

それぐらい冷凍食品は、身近な存在のイギリス人。

「何故か」と何人かに聞いても「わからない」と言われた。

生まれた時からそういう生活みたいで、特に違和感もなく、それが普通らしい。

俺もいろいろ食べてみたが、味は…(苦笑)

塩味やコンソメ味と記載してある商品も、食べてみたら、かなり薄味でほぼ素材の味(笑)

そのせいか別売りで、数種類のソースが売られている。

皆も知っていると思うが、イギリスの料理や味には、いろいろ悪評が多いが、それに関しては俺も同感だな(笑)

「どこの国も変わらないよ!」っと、思う塩に関しても「日本の方が100倍美味しい」と思う(笑)

日本食、食いて~~!!!

さて、冷凍食品、食べよ…(泣)

オッと~~♪
そろそろ餌の時間だ。
また満月の夜にでも。。。

村瀬広樹(UTAMARO)

フリーランスプロレスラー村瀬広樹(UTAMARO)。
「100%楽しいレスラー人生」をつかみ取るため「無期限」海外武者修行。あえてイバラの道を選択した「ジャパニーズ・ドリーム・ボーイ」。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事