【WWE】ヒデオ、実力者アリ撃破で存在感

現地時間87日、フロリダ州オーランドでスマックダウンが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆ヒデオ、実力者アリ撃破で存在感

205 Liveでヒデオ・イタミがムスタファ・アリとシングル戦で激突した。

試合前にヒデオは「アリは俺が誰かまだわかってない。俺をマジにしたらどうなるか思い知らせてやる」と意気込んだ。

序盤ヒデオは「リスペクト・ミー」と感情むき出しにアリの顔面を蹴りつけ、さらにエプロンの攻防で豪快なドロップキックを炸裂。

アリをコーナーポストに吹き飛ばすと、その後も容赦なく蹴りつけアリにダメージを負わせた。

アリも負けじとスーパーキックや豪快なパワーボムを繰り出せば、ヒデオもファルコンアローで反撃して白熱の攻防を展開。

しかし、ヒデオがスチール階段に誤爆すると、続けてアリにセカンドロープからDDTを決められて劣勢となってしまう

しかし、ヒデオはトップロープでバランスを崩したアリを逃さず攻撃。串刺しドロップキックを3連発させるとアリからピンフォールを奪って勝利した。

実力者アリを撃破したヒデオが再びクルーザー級王座戦線で存在感を示した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事