【今日子のプロレス今日この頃】⑤「抱きしめてあげたい❸西村修(その1)」

みなさん、こんにちわ。今日子です(^^)

 

何だか忙しくて、毎日クタクタです。

 

「商売繁盛」と思うか「貧乏暇なし」と思うかは、その人の心がけ次第、と言いますが、私は、どう考えても後者の方です(^_^メ)

 

でも、嘆いても状況は変わらないのですから「仕方ありません」

 

この「仕方ありません」は、後ろ向きな言葉というイメージが強いですが、実は、とても前向きな言葉なんです。

 

西村修さん。

 

1991年、新日本プロレスでデビュー。

 

「温故知新」基本を大切にする、古き良きプロレスの正統派のテクニシャンとして活躍。

 

今年デビュー25周年を迎えた「闘う文京区議会議員」。

 

「仕方ありません」は、西村さんの口癖のひとつ。

 

これは決して、あきらめや投げやりな言葉ではありません。

 

「起きてしまった事は、仕方がない。『たら』 『れば』をいくら言っても意味がない。次を考えろ」という意味なんです。

 

以前に私が大病を患った時、ガンを克服した経験のある西村さんに、真っ先に相談したのですが「なってしまったものは仕方ありません。前を向いてこの先の事を、治療法などを考えましょう」と言ってくれました。

 

そして病気になって辛いだろうが、悪い事ばかりではない。

 

人生を、家族を、友を、そして自分を見つめ直すいい機会を与えられたと思うように、当たり前と思っていた健康や、生きている事に感謝するキッカケにもなると話し「不自由を常とすれば不足なし」という言葉も教えてくれました。

 

「早く元気になって、ガンを克服した自分の試合を見て下さい」と励まされ死ぬかも知れないと思っていましたが「もう一度プロレスを見るんだ!」と、手術台から生還しました。

 

本当に救われたと、深く感謝しています。

(続く)

 

%e8%a5%bf%e6%9d%91
今は議員でもあるので、「抱きしめ」はやめておきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事