【今日子のプロレス今日この頃】⑤「抱きしめてあげたい❸西村修(その2)」

お酒の好きな西村さんとは、飲みながら、いろいろな話をします。

 

プロレスの事、世界中を旅した事、元宝塚のトップスターに惚れられた話など、興味深い話をたくさんしてくれます。

 

印象に残った話も多いのですが、その中からいくつかご紹介します。

 

海外遠征に行く直前、ファンから激励の言葉と共に、お母さんが重い病気になってしまったと書かれたファンレターが届いたそうです。

 

今のようにメールも携帯電話もない時代。

 

しかも渡航前で、準備や各種あいさつ回りなど、多忙を極めていた時期。

 

それでも、出発前日に、新日本プロレス道場近くの等々力渓谷にある、万病に効くという湧水を、ペットボトルに何本も汲んで、手紙の住所を頼りに、そのファンの家まで運んで行ったというのです。

 

「夜中だったので、玄関の前に、メモを添えて置いて来ました」

 

朝、起きてビックリしたでしょうね。

 

笠地蔵が来たのか!? と。

 

翌日、遠征に旅立ってしまい長期間、海外に滞在。

 

その後、病気のお母さんはどうしただろうと気にはなっていたものの、時間だけが過ぎてしまった。

 

帰国後、事務所に行ったら、そのファンから手紙が来ていたそうで「お母さんは結局、亡くなってしまったけれど、でも湧水を飲んで、とても感謝していました。遠征前の忙しい時に、ありがとうございました」と書かれていたそうです。

 

当時、各選手が、イメージアップのためか、いい話やエピソードを競って出していた時期でした。

 

「その話、すればいいのに」と勧めたのですが「これは、その子と自分の話です。ひと様に言う事ではありません!」とキッパリ言い切ったのです。

 

でも、時空を超えて、私が書いちゃいました(^_^;)

 

正直、スマンかった。

 

でも、きっと西村さんは「仕方ありません」と苦笑する事でしょう。

 

他にも、自殺未遂のファンを励ますため、かなり遠いところまで、何時間もかけてわざわざ出向いたり(もちろん取材等ではありません)人知れず、善行を重ねています。

 

ネットが一般的になったばかりの頃、あるファンが、西村さんの名を語り、人生相談のサイトをやっていたそうです。

 

真面目に回答するので、それが評判となっていまい、会社の知るところとなり、警告したと言うのです。

 

その人は「本当に申し訳ない。どうぞ訴えて下さい」と全面謝罪したとか。

 

ところが、西村さんは「ちゃんと答えているのですから、別に構いませんよ。どんどんやって下さい」と返答したと言います。

 

肝が据わっていますね。

 

普通ならギャーギャー言うでしょうに。

 

物事に動じないと言うか。

 

「怖いものは何もないです。死んじゃう訳じゃないんだから」

 

ガンを乗り越えた人間は強いです。

 

その生死感は、もはや達観していると言っても良いと思われます。

 

(続く)

 

%e8%a5%bf%e6%9d%91%ef%bc%92
今は議員でもあるので、「抱きしめ」はやめておきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事