【今日子のプロレス今日この頃】⑤「抱きしめてあげたい❸西村修(その3)」

ある時、蝿がぶんぶん、本当にすごいスピードでうるさく飛び回っていました。

 

西村さんはずっと目で追っていて、そしてパッと捕まえました。

 

すごい動体視力です。

 

どうするのかと思いきや、手を広げ、蝿を逃がしてやりました。

 

あわてて飛び去る蝿。二度と近寄って来ませんでした。

 

「わぁ!すごいね!」と感心したのですが「宮本武蔵ではないので、箸では捕まえられないけど」と、謙遜していました。

 

また、ある時は、気味の悪い変な虫が天井を這っていたのですが、タオルを丸めて投げ、ポン!と見事命中しました。

 

落ちた虫は一瞬、気絶していたようですが、その後、あわてて逃げ去りました。

 

これは「放生」ではないでしょうか。

 

放生とは、仏教で捕まえた生き物を殺生せずに逃がしてやる事。

 

徳を積む行為だとされています。

 

江戸時代には、遠くの寺院にまで参拝できない江戸っ子の間で、カゴに入った小鳥などを買い、逃がしてやる事が大流行したとか。

 

ガンを克服したからこその行為だと、私は思いました。

 

団体の移籍等、長いキャリアの間にはいろいろありました。

 

あんなに慎重な彼が、起こした大胆な行動。

 

その裏には様々な背景があったようです。

 

言葉数は多いのですが、言葉足らずな場合もあり、誤解される事も多い西村さん。

 

「先輩だから仕方ありません」と、真相を語らずにいる事も多々あります。

 

「いつか全部、『言っちゃうぞ、バカヤロー!』すれば」と言ったところ「あはは、小島じゃないんだから」と、遠くを見るような目で笑いました。

 

20代で、しかもレスラーという体を使う職業なのに、ガンになってしまって、どんな気持ちだっただろう、どんなに悲しく、どんなに絶望しただろうと思うと、今は元気になったとは言え、胸が痛みます。

 

「病気を経験したからこそ、今の自分がある」と言う西村さん。

 

悲しい思い出を、人生の貴重な経験として捉える姿を見て「抱きしめてあげたい」と思いました。

 

昔から「将来的には議員になりたい」と言っていました。

 

夢が叶って本当に良かったと思います。

 

悲しい思いをした分、きっと幸せな事がたくさんありますよ!

 

二足のわらじは大変でしょうが、今後ますますの活躍を期待しています。

 

10年越しのプロレス関係の壮大な計画が、やっと実現しそうだと聞きました。

 

いろいろ奔走し、大変だったようですが、来夏には形になるみたいです。

 

発表が待たれますね(*^_^*)

 

(この項 終わり)

 

%e8%a5%bf%e6%9d%91%ef%bc%93

 
今は議員でもあるので、「抱きしめ」はやめておきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事