【今日子のプロレス今日この頃㉔】「ないしょの話」⑫「岡林裕二」

こんにちわ。今日子です(^^)

あんなに暑かった夏が過ぎ、季節はもう秋。

試合を見て、みんなと飲んで終電で帰る道。

静かな夜の遊歩道の草むらから、鈴虫や松虫の声が聞こえて来ます。

リーンリーン、コロコロ・・・秋の虫たちのオーケストラのようで面白いです。

その日の試合を思い出しながらホロ酔いで聞く虫の声。とても満ち足りた気分になります(*^_^*)

さて今回は、岡林裕二さんです。

怪我で欠場中ですが、リハビリも順調。11・11両国での復帰も決定しました!

6月に岡林さん夫妻に、結婚6年目で待望の赤ちゃんが産まれました。

実は、誕生の3日前、南千住の回向院にカールゴッチさんの墓参にご一緒しました。

あいにくの雨で結構降っていましたが、岡林さんが拝んだ途端、雨が止みました。

あら、これは何か良い事あるかもね。「何を拝んでいたの?」と聞いたところ「怪我が早く良くなるようにと、あと・・・無事に子どもが産まれるように」と、少し照れたように言う岡林さん。

「ゴッチさんは安産の神様になるかも」などと、言って笑いました。

墓参の後、共通の友人の誕生会があったのですが、岡林さんは「今日は僕は飲みません」と宣言。

立ち会い出産するつもりだと話し、お酒を飲んだら立ち会えないので、臨月に入ってからは一切飲んでいないとの事。

「え~、一杯ぐらいいいじゃん」 「乾杯だけ」 「ひと口だけ」 「今日、産まれるとは限らないでしょ」

そのうち予定日は、まだ一週間先だと知り「今日は産まれないよ!」などと何の根拠もなく、勧める人たち。

みんなが口々にどんなに勧めても「いや、飲みません!」と、ガンとして本当に一滴も口にしませんでした。

かなり強い意志を持たないと、宴会の雰囲気に流されて「ちょっとだけなら」と、なってしまうところですが、その場にいた征矢学さんはじめ参加者全員、本当に感心しました。

3日後に、無事、元気な女の子が産まれたそうです。

4000g近い大きな赤ちゃんで、しかも初産。

お医者さんからは、お産にかなり時間がかかるだろうと言われていたのに、半分の時間で出産。母子ともに健康。とても安産だったそうです。

美桂夫人へのおめでとうメールの返事は「無事、産まれました。ゴッチさんのおかげです。安産の神様かも、ですね」

ゴッチさんは「プロレスの神様」だけではなく「安産の神様」にもなりましたね。

「潤ちゃん」と名付けられたかわいい赤ちゃんは、まだ生後一か月半の時点で、ググ~ッと体を反らし、ブリッジのような体勢を取ったとか。

何とストロングな赤ちゃん! ゴッチさんの生まれ変わりかも知れませんね。

ゴッチさんのお墓を建立するにあたり、猪木さんはじめみなさんのご協力があったのですが、中でも一番、大変なご苦労をしたのは西村修さんです。

様々な人やしがらみの間に入っての調整、仲介、交渉・・・。

その複雑怪奇な過程を聞いていましたが、これはもう無理なんじゃないか、できないんじゃないかと、何度も思ったほどでした。西村さんがいなかったらお墓は建っていません。

その西村さんにも、12月にお子さんが産まれるそうです。こちらは男の子だそうです。

結婚7年目でやっと授かったそうで、喜びもひとしおでしょう。

ゴッチさんのお礼かも知れませんね。

「もう一度日本に来たい」という希望が叶わず、亡くなったゴッチさん。お骨になりましたが来日できました。

フロリダのアパートに住みついたノラ猫に、母国語のドイツ語で、それは優しく話しかけていたゴッチさんは、弟子たちの前では厳格な姿勢は崩しませんでしたが、本当は淋しがり屋だったのではないかと思います。

みなさんが墓参に来て下さるから、香華も絶えず、淋しくないですね。

お子さんは、泉下のゴッチさんからの素敵なギフトではないでしょうか。

「西村ありがとう」背筋をピンと伸ばして、きっとそう言っています。

「ストロングスタイルを追求するには人の一生では短すぎる」

生まれ変わりかも知れない。生まれ変わりでないにしても、その魂は受け継がれているでしょう。

岡林さん、西村さんのお子さんに「ストロングスタイルな心」が宿っているのは、間違いないですね。

健やかに強く育ってほしいと切に願います☆

※この時、岡林さんが注文したのは、お酒ではありません。ソフトドリンクです。

後日、無事に産まれたお祝いでは、その時の分まで飲んだくれていました(^_^メ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事