【仙女】10.14(日)仙台サンプラザホール大会にてタイトルマッチの橋本千紘とカサンドラ宮城がコメント<9.25会見>

25日(火)14時より、センダイガールズプロレスリング道場にて、10月14日(日)に開催する仙台サンプラザホール大会に関しての記者会見が行われた。

メインイベントにて行われるセンダイガールズワールドチャンピオンシップで対戦する橋本千紘とカサンドラ宮城が出席し、意気込みを語った。

橋本千紘
「本日は、足元の悪い中記者会見にお越しいただきありがとうございます。昨日の横浜大会試合後にカサンドラに襲撃され、橋本千紘がずっとベルトを持っているのが気にくわないという理由でタイトルに挑戦させろ!って子供みたいなことを言ってきました。けど、裏を返せば子供みたいなことを言ってくるカサンドラは素直で真っ直ぐなんじゃないのかな〜って思うんですね。カサンドラ宮城になる前の、素直で真っ直ぐだったころの姿を引き出してやろうと思います。試合に関しては、里村さんが面白いじゃないか。と言った一言には驚きましたが、確かに毎年毎年里村さんと私が仙台サンプラザホールのメインで戦っていても仙女の未来は明るくないと思うので、しっかり、カサンドラ宮城とメインで戦い、皆さんと想像を超える試合をしてしっかり防衛したいと思います。」

カサンドラ
「…」(NOコメント)

里村明衣子
「今までの、里村対橋本の戦いを超えられるか。というところを私はリングサイドでみていたいと思います。まあ、2人ならやってくれるんじゃないでしょうか。」

カサンドラは橋本の写真を持ち出し、落書きを始め、立ち去っていった。

司会 吉野恵悟レフェリー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事