【村瀬広樹のUTAMARO(ウタマロ)日記】~プロレス武者修行 ~【51】「インドネシアに行くぞ!?」

The style of fighting varies from country to country, so it’s interesting.
If I master that, I will become stronger again.
I want to enjoy wrestling!
Forever.

さぁ~~始まりました世界UTAMARO滞在記。

日本に帰国して約3週間。
最高の生活を送っている。

それはセレブな生活をしているということではなく、日本語に囲まれて、日本人と会話し、日本食を食べるなどという意味ですよ。
体重も少しずつ増えているしね!

いやいや、決して海外が苦痛だったわけではないよ。
やはり俺は日本人だからね~。
いろんな意味で落ち着くっていうことよ。
特にお寿司は最高!(笑)

あと、先日健康診断を受けてきた。
流石に2カ月で76試合しているので、目に見える箇所は多々ボロボロだが、目に見えない箇所が心配で診察してきた。
血液検査などはまだわからないが、心電図や肺など身体の中身に大きな異常はなかった。
一安心、一安心。

でもスプリングのないリングで、ずっと受け身を取り続けていたので、絶対に寿命は縮まったな(泣)

しかし日本に帰国して試合をした時に大変だったのが、いろいろ日本のプロレススタイルに戻すことだ。

リングの硬さ、広さ、ロープの高さなど身体が、イギリス仕様になっているから(苦笑)

例えば日本のリングは約6メートルあるが、イギリスは半分の3メートル。
ドロップキックでいうと、相手をロープにふり相手が自分の元に戻ってくるのが、日本のリングに比べると半分の時間だから、日本のリングはイギリスの時よりも遅めにジャンプしてキックしなければならない。

でないと相手が自分の元に戻ってくる前に、キックしてしまい、1人ドロップキックになってしまう(笑)

でも、こうやってプロレスラーとしての幅が広がって行くと思うと、大変なことも多いがなかなか楽しい。

「俺、世界でプロレスしているんだ!」としみじみ思う。

最近、世界各地からいろいろオファーを受けるんだが、この前なんとインドネシアからもオファーが来た!

「インドネシアにもプロレスがあるのか!?」と初めて知ったよ。
「どんなリングで、どんなお客さんがいるのか!?」

未知なことだらけで興味があり、今いろいろ交渉中なんだ。
滞在期間は短いが、行ってみたい気持ちがあるから「良い感じに話がまとまる」といいな。
決まればまたUTAMAROのツイッターなどで報告するよ。

プロレスで日本を出てから、世界中で凄い貴重な経験ができているから、関わっている皆んなに、本当に感謝感激。

VISAの関係でしばらく日本に滞在する予定だから、また全国の皆んなに会えるといいな。
ホント今のUTAMAROを見てもらいたいし!

オッと~~♪
そろそろ餌の時間だ。
また満月の夜にでも。

村瀬広樹(UTAMARO)

フリーランスプロレスラー村瀬広樹(UTAMARO)。
「100%楽しいレスラー人生」をつかみ取るため「無期限」海外武者修行。あえてイバラの道を選択した「ジャパニーズ・ドリーム・ボーイ」。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事