【龍の魂を背負った男】2018年10月7日 博多スターレーン 鷹木信悟 DRAGON GATE FINAL 観に行きました【観戦漫画】

2018年10月7日鷹木選手の ドラゴンゲート最終試合を観戦しに友人博多まで行ってきましたざっくりわかる鷹木信悟解説書用意したからこれみながらお昼食べよう 予習は基本YAMATO編ハルク編パンチ編あるから 九州名物を舌鼓しながら鷹木選手の歴史を2人で学んで気持ちを作ってきました

博多駅から徒歩5分で本日の会場博多スターレーンに到着 近っ 緊張してて気を紛らわせたいんじゃ!もうちょっと 歩かせろや! ※会場と駅が近いので  本来喜ぶところです 席は青コーナー側の 花道がすぐそば 選手が間近を通って 大興奮でした!

セミファイナルはついに キッド・石田がついに正式加入!  キッドも 石田もMaxiMuMの 大事な仲間や! 興奮がおさまらないまま いよいよメインイベントに メインイベントでは 鷹木選手を激励して

メインイベントは一転。 一秒も目が離せない 神妙な雰囲気に 倒されたら 負けじと立ち上がり相手を倒し 蹴りでやられたら蹴りで返す 対話をしているような 試合でした 最後は怒涛の ファーストフラッシュ 3連発でハルク選手の勝利

「お前とは友達ではないけどよ、 まさに戦友だな」「鷹木信悟がいたから いまのB×Bハルクがあるそこに関しては 感謝してるから」次はどこのリングぁ分からないけど また近い将来決着戦をすると 互いをしっかりと認め合って 握手を交わしていました

その後は鷹木選手のことが嫌い に思い入れのある 選手たちが一言ずつマイク 何度も 言うけど 引退じゃ ねーからな! ただ ここで生まれたこの龍の魂は これからもずっと 背負っていこうと 思っている

一生に一回今しかできないことを胸いっぱいやるぞ!今日は 本当に本当に!ありがとう!最後は 湿っぽさのないスカッとした 気持ちになる 鷹木選手らしい マイクでした

生観戦って 全然違うね試合の動きや 空気を見て、 生の声を聞いてさ ずっと誠意を見せ続けて叶う夢 今しかできないことを やるために飛び立つ夢 リアルに私たちの 心に突き刺さった大会でした そして翌日 鷹木選手は内藤哲也の新パレハ「ザ・ドラゴン」に!制御不能に我道驀進する 鷹木選手!ずっと応援します!

はしもと あやね(えな屋)

フリーランスのイラストレーター・作家。

DRAGON GATE(ドラゴンゲート)・新日本プロレスなど、観戦日記や漫画・イラストを投稿しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事