【W-1】記者会見①「後楽園ホールにペガソの勇姿を見に来てください」王者・芦野、ペガソを前に余裕を崩さず!

「後楽園ホールにペガソの勇姿を見に来てください」王者・芦野、ペガソを前に余裕を崩さず!■2018.10.13WRESTLE-1記者会見①

10月13日(土)、都内・島忠ホームズ葛西店にて、WRESTLE-1が公開記者会見を実施。10.24後楽園大会でW-1チャンピオンシップを闘う、王者である芦野祥太郎と挑戦者となったペガソ・イルミナルが出席し、それぞれ意気込みを述べた。

現在開催中の『WRESTLE-1 TAG LEAGUE 2018』の開幕戦となった9.18新木場大会で芦野からフォール勝ちをしたペガソ。9.29大阪大会でリマッチを行なった征矢学が芦野に敗れると、自ら姿を現して挑戦表明を行なった。

この実績と行動によって挑戦権を獲得したペガソだが、W-1のリングに上って3カ月という短期間での挑戦にも「ちょっと時間がかかった」と自信満々。新木場では丸め込みによる勝利だったが、「しっかり3つ取って何も言えないようにする」と完璧な勝利でのベルト奪取を誓った。

一方の芦野は、「彼の良さを引き出した上で防衛する」と余裕綽々。「自分から挑戦したいと胸を張って言える人間が出てくることは素晴らしい」とペガソの姿勢を称えるなど、王者として貫禄たっぷりに語っていた。

 

 

【選手コメント】

 

芦野祥太郎のコメント

「10月24日の後楽園ホールでペガソと防衛戦が組まれましたので、そこはきっちり防衛するのはもちろんなんですが、彼もまだまだプロレスをどれだけやっているのか知りませんが、俺が彼の良さを引き出して、その上で防衛をしようと思っております。なので、皆さん、後楽園ホールに彼の勇姿を見に来てください」

 

ペガソ・イルミナルのコメント

「俺がこのリングに来た理由は、このベルト(W-1チャンピオンシップ)を取りに来ました。その中で、新木場でのタッグリーグ公式戦、俺は芦野祥太郎から3つ取りました。丸め込みがああだこうだって言っていますけど、僕が次の後楽園でしっかり3つ取って何も言えないようにします。そしてこのベルトを巻きます。以上です」

 

【質疑応答】

 

──ペガソ選手に質問ですけど、W-1に上がって3カ月という短期間でタイトルマッチに漕ぎ着けましたが、それについてはどう思われていますか?

 

ペガソ ちょっと時間がかかったかなと思いますね。でも、全然許容範囲です。

 

──自分の現在の実力ならば、このタイトルマッチに勝ってベルトを手に入れることも想定しているということでしょうか?

 

ペガソ そうです、はい。

 

──芦野選手、今のペガソ選手の言葉を聞いてどう思われますか?

 

芦野 この生意気な姿勢が素晴らしいなと思いますね。あとは言葉だけじゃなくて、リング上での動きであり、スーツの着こなしかな? これもしっかりしたほうがいいんじゃないかと思いますね。就活生みたいな格好をしているので。

 

──芦野選手は一度フォールを取られていますけど、挑戦してくるのに相応しい選手だと思われますか?

 

芦野 いいと思いますよ。挑戦表明してくる人が少ないので、W-1では。自分から挑戦したいと胸を張って言える人間が出てくることは素晴らしいことだと思っております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事