【W-1】記者会見②征矢&稲葉「ベルトを懸けろ!」、近藤&土肥「懸けません」タッグリーグ決勝でのタイトルマッチは王者チームが拒否!

征矢&稲葉「ベルトを懸けろ!」、近藤&土肥「懸けません」タッグリーグ決勝でのタイトルマッチは王者チームが拒否!■2018.10.24WRESTLE-1記者会見②

10月13日(土)、都内・島忠ホームズ葛西店にて、WRESTLE-1が公開記者会見を実施。10.24後楽園大会で現在開催中の『WRESTLE-1TAGLEAGUE2018』の決勝戦を闘うAブロック代表の征矢学&稲葉大樹と、Bブロック代表で現W-1タッグチャンピオンシップのベルト保持者である近藤修司&土肥孝司が出席し、それぞれ意気込みを述べた。

会見中、征矢は相手の近藤&土肥が現タッグ王者チームであることから、「ベルトを懸けろ!」と要求。稲葉も「お得感がある」と同調したものの、近藤からも土肥からも「懸けません」と口を揃えて拒否されてしまった。

また、征矢が相手チームを「ジャイアン気質がある。ということは俺らはのび太の気質。のび太ががんばってトーナメントを優勝する」と、いまいちわかりづらい例えで意気込みを述べたものの、近藤によって「ドラえもんがいないだろう。のび太が活躍するのは映画の時だけ。今回は通常」と、バッサリと否定されてしまう始末。舌戦ではチャンピオンチームに軍配が上がってしまったようだった。

 

【選手コメント】

征矢学のコメント

「リーグ戦、1敗もせず、全勝で決勝戦まで上がってきました。相手が現タッグチャンピオンであるということで相手にとって不足なしです」

 

稲葉大樹のコメント

「リーグ戦、全勝で勝ち上がっています。今年のタッグリーグは現タッグチャンピオンも出ていますし、これで勝てば今のW-1での一番強いタッグチームになれるので、必ず勝って、W-1で一番強いタッグチームになりたいと思います」

 

土肥孝司のコメント

「Bブロック一度も負けることなく、決勝に進みました。相手は気持ちいい試合ができる相手だと思いますので、気持ちいい試合をして優勝したいと思います」

 

近藤修司のコメント

「まあこういうお客さんが集まってくれた公開の記者会見で僕と土肥はちゃんとスーツを着てきている中、(稲葉に向かって)おい、なんでジャージなんだよ。(征矢に向かって)お前、なんかあれだな。昔のラッシャー木村の私服みたいだな。わかんねえか? 昔のアンドレ・ザ・ジャイアントみたいな私服というか、この時点で気持ちが僕らが勝っているんじゃないかと思います」

 

──それぞれのチームの印象を教えていただきたいんですけど。

 

征矢 一つだけ言わせてもらいますけど、おそらくこの2人はドラえもんに出てくるジャイアンの気質を持っていますね。我々、もしかしたらのび太の気質かもしれません。ということは、のび太ががんばってトーナメント優勝して、ベルトに挑戦するということじゃないですか? 俺ら2回闘わなきゃいけないんですよ、ベルトを取るために。だったら、次の後楽園、ベルトを懸けたらいいじゃないですか? その2回もやるの面倒くさいんで、1回で決着つけましょうよ。

 

土肥 まず、記者の人の質問に答えないと。あと、2回勝たなきゃいけないから今懸けろっていうのは……懸けません、それは。

 

征矢 なんでだよ!

 

土肥 プロレス界のあるあるで、リーグ戦やトーナメント優勝したらチャンピオンに挑戦するんだろうが。なに楽しようとしてんだよ。

 

征矢 いや、2回やるんであれば、1回でやったほうがお得感も出るだろうって話だろう。タイトルマッチとリーグ戦の優勝決定戦だよ。ダブルのお得だよ、これは!なあ、稲葉?

 

稲葉 お得です。お得なほうが皆さんもいいですよね? お得なほうでお願いします。

 

土肥 俺は受けないから。こっち(近藤)を説得してください。

 

征矢 では、副社長、あなたはどう思うんですか? 意見を聞かせてください。

 

近藤 まあ、その話はさておきね、ドラえもんの話に戻すけどさ、のび太はドラえもんがいるからだよ。ドラえもんいないんだろ? だいたいのび太が活躍するのは映画の時だけだから。映画じゃないだろう。通常だから。

 

征矢 どういうことだ、それは!

 

近藤 まあまあ脱線しているけど、タイトルは懸けません。やるんだったら、ちゃんとこの決勝で俺たちに勝て。勝ってから物を言ってくれ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事