【プロレスのある風景 Vol.18|榎本タイキ】

究極の血統!純真な決闘!何かが生まれそうなGAORA TV戦

どんな分野でも家族に偉人がいてその人と同じ道を歩むとき、大きな苦しみやチャレンジが生まれることが多かったりします。プロレスでも2世レスラーや身内に偉大な名選手がいながら必死に闘い続ける選手達がいます。

橋本大地選手、LEONA選手、坂口征夫選手など。そして今大きな挑戦をしようとしている選手が一人います。

父はプロレス界の重鎮・百田光雄選手。そして祖父はプロレスの父・力道山という究極の血筋を持つレスラー・力選手。

10.21全日本プロレス 横浜文化体育館大会でTAJIRI選手の持つGAORA TVチャンピオンシップに挑戦します。この試合は力選手みずから全日本に履歴書を送り直訴。

TAJIRI選手が直接百田家を訪問し面接を経てタイトルマッチが実現するはこびとなりました。その様子も全日本のオフィシャル動画サイト『全日本プロレスTV』で拝見しました。

力選手の所作はどこか洗練されていない印象があるかもしれません。身内に偉大すぎる選手がいるだけにさらに際立って見えてしまいます。

でもそれを超えた一生懸命さを力選手から今すごく感じます。ここ数週間、力選手のことが頭を離れませんでした。

その心意気を受けたTAJIRI選手がこの試合をどう向かえるのか。力選手のピュアなパワーが世界を渡り歩いてきたこの強敵・難敵を撃破するのか。

その答えが出るのももう間近。ただただ応援のエネルギーを送りたい。そんな気持ちでいっぱいの大注目試合です。

パワー!!!!!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事