【WWE】シールド崩壊か?タッグ王座奪取もアンブローズがロリンズを襲撃

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米国現地時間10月22日、ロードアイランド州プロビデンスでロウが開催された。

ロウのメイン戦でディーン・アンブローズが突如裏切ってセス・ロリンズを襲撃した。

ロリンズ&アンブローズが王者ドルフ・ジグラー&ドリュー・マッキンタイア組とロウタッグ王座を賭けて対戦した。

両チーム、ハイレベルな一進一退の攻防を展開するとブラウン・ストローマンが登場。さらにロリンズの攻撃がレフリーに誤爆すると、ストローマンが因縁のマッキンタイアを襲撃して場外乱闘に発展。するとロリンズは1人で劣勢になったジグラーをカーブストンプで沈めると、アンブローズがレフリーを叩き起こしてカウント3。

ロリンズ&アンブローズが新ロウタッグ王者となった。王座奪取に喜ぶ2人だったが、ここで突如アンブローズはロリンズを蹴り上げるとなんと裏切りのダーティ・ディーズを見舞ってしまう。

さらに襲撃を続けるアンブローズは場外のマットを剥がすと、「お前のせいだ」と叫びながら固いフロアに2発目のダーティ・ディーズ。ロリンズを沈めたアンブローズはシールドの衣装を脱いでその場を後にした。

白血病治療専念のため王座を返上したローマン・レインズ、そしてタッグ王座獲得もロリンズを突如裏切ったアンブローズ。果たしてシールドはこのまま崩壊してしまうのだろうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事