【大日本】11.11両国大会で復帰戦の岡林裕二、対戦する河上隆一がコメント!岡林「叩き潰しにいきます」河上「腕の一本ぐらいいただきますよ」<10.25会見>

25日、大日本プロレス後楽園ホール大会試合前に11.11(日)に開催される両国国技館大会についての会見が行われた。会見には1年1ヶ月ぶりに復帰する岡林裕二、そして対戦相手である河上隆一が出席し、グレート小鹿会長が同席した。

岡林は昨年10月15日の後楽園ホール大会にて肩を負傷し長期の離脱を余儀なくされた。その岡林の復帰戦の相手として声を上げたのが同期の河上隆一であった。

まずは、対戦について二人がコメント

岡林「去年の10月15日に後楽園ホール大会で肩を負傷しまして、約1年1ヶ月ですか、リハビリに励んできまして、11月11日の両国国技館大会で復帰することになりました。ほんとにずっと欠場期中も気持ちは下がらず、ずっと上げ調子でこれたもで、ほんとに調子はもう万全ですね」

河上「彼とは昔は、石川、岡林、河上と大日三銃士と呼ばれていた時代もあって、同じ釜の飯を食い、そして長期欠場2度僕もやってるんで、そういうのを乗り越えてきて、同じ境遇だなと。僕も腐りそうな気持ちだったり、そういうのは凄い分かります。ただ、復帰戦とはいえ、僕はただ、怪物レスラー・岡林裕二とのシングルマッチだと。復帰戦だと思っていません。岡林裕二との久しぶりのシングルだと思って僕は全力で、全身全霊で戦います」

――この1年間、岡林選手にないものを得たとすればなんですか

河上「うーん、どうでしょうね。僕の中ではずる賢さであったり、そういうインサイドワーク含め、たぶん見て岡林選手が一番分かってると思うんですよね。まぁ、何度もシングルマッチやってますけど、その時より手強くなってるだろうなとたぶん思ってると思うんで、そこらへんが要注意ポイントだと思います」

――復帰戦の相手が河上選手になったことについてはいかがですか

岡林「そうですね。リング上で(河上が)対戦相手がいなかったら俺とシングルマッチやれと言ってくれたんで、その時は凄く嬉しかったです、ほんとに。でも11月11日はそんな甘いこと言ってられないんで、叩き潰しにいきます。そのつもりで臨みます」

――岡林選手は復帰戦を飛び越えたことまで色々と言っていますが、かなり甘く見られているのでは

河上「まぁ、腕の一本ぐらいただきますよ、確実にね。」

――筋力、パワーは復帰前に比べて状況としては上がっているのでしょうか

岡林「自分的には上がってるとは思うんですけど。筋力的にも前の重量よりも出てる種目も出てきてるんで。全然100%の力で、120%でいけます」

――現時点でデットリフトのマックスはどれぐらいか

岡林「マックスやってないけど、どのくらいですかね。300(㎏)上がるんじゃないですかね」

――欠場中はリングに上がらなくてしょうがない気持ちが常にあったと思いますが

岡林「そうですね、欠場期間中は色々と試合を見てて、ほんとに試合見ながら俺やったらああするのにな、こうするのになっていう気持ちが出てきて、今すぐリングに上がりたいって気持ちをずっと持ってたんで、本当に当日はそれを爆発させたいですね。この1年1ヶ月の欠場を帳消しにするぐらいのファイトでいきますよ、もちろん」

ここで小鹿会長がコメント

小鹿「一言いいかな。現役レスラーのグレート小鹿として言わせてもらえば、はっきり言って河上選手はある部分では岡林が先に行っちゃったっていうやきもち、ライバル心、もの凄く燃えた時期があった。あのままケガしなかったら、今こういうチャンスを掴めない。反対に河上選手にチャンスがきた。今彼を潰しにかかる、それが一番この試合に対しての彼の想いが頭の中にある。反対に岡林選手がでっぺんまで登って、ケガして1年1ヶ月休んだ。その間にどれぐらい自分のレスラーとしてのバランスが、ケガする前までいってる(回復)と口では言ってるけど、本人は思ってないよ。不安感があると思う。ライバルとしての戦い、今度の両国国技館でいい試合をして、勝ち負けじゃなく、お客さんの拍手の一つでも多い方が次の戦いになると思うから。1年1ヶ月休んだあとの11月11日の試合は大日本を背負って立つのはどっち、意地の張り合い、ライバル意識を持ってやる試合だと思うし、もの凄い注目している自分自身は。それぐらいいい試合ができるだろうと僕は思っている」

岡林は‟叩き潰す”、河上は‟腕の1本ぐらい頂きますよ”とお互いに復帰戦という意識はなく、真っ向勝負でぶつかっていく宣言をしたが、大日本プロレスの未来を背負う二人の戦いに注目である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事