ボランティアレスラーで復帰の大仁田厚が元週プロ編集長・ターザン山本氏とデスマッチ対決へ!

10月28日、A-teamの神奈川・鶴見青果市場大会で、日本人史上初のボランティアレスラーとして、7度目の復帰を果たす大仁田厚(61)が、プロレス専門誌「週刊プロレス」(ベースボールマガジン社)の元名物編集長で、フリーライターのターザン山本氏(72)とのデスマッチ対決をぶち上げた。

27日、大仁田は東京・豊島区のプロレスショップ闘道館で、山本氏をゲストに招いてトークライブを開催。

2人はかつて“犬猿の仲”ともウワサされた、ただならぬ関係だ。トークのなかで、山本氏は「週プロ」編集長時代、記事内容を不満とした大仁田から2度も深夜の編集部に殴り込みをかけられた経緯があることを吐露。

これまで、両者はまともに話をしたことすらなかったというが、意外にもトークは弾み、90分間ノンストップの激論が繰り広げられた。

そんななか、大仁田は「講釈ばかり垂れてないで、1回くらいデスマッチのリングに上がってこい。場所、ルールなどはこちらで用意する」と振ると、山本氏は「オレは今デスマッチとマットプロレスが好きなんだよ。いつか体験してみたいと思ってた。大仁田さんの古典的なデスマッチならやるよ」とまさかの受諾。

これにより、大仁田軍VS山本軍のデスマッチ対決が決定的になった。

山本氏はバトルロイヤルに出場した経験こそあれ、試合を行ったことはない。本格的なプロレスデビュー戦が、いきなり邪道流のデスマッチ挑戦となる。

大仁田は29日に開かれる記者会見に、山本氏にも出席を求め、その場で場所などの詳細が決まる見込みだ。

山本氏は「やる以上、勝たなきゃいけない。負けると思ってやる人間はいない」と発言。大仁田は「有刺鉄線、有刺鉄線ボードも用意するし、もっとやりたければ爆破だったやってやる。ドタキャンはダメですよ」と話した。

また、大仁田は来年2月19日、両国国技館で開催される「ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~」への出場希望を表明。

同1月には英国の団体から、同4月には米国の団体からオファーが届いていることを明かした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事