宮澤聡のサイン収集列伝 6枚目

闘魂三銃士。
私はプロレスを見始めたのが90年代前半なので、完全に私は「三銃士世代」なのであります。
武藤選手、橋本選手、蝶野選手。
三銃士のお三方は、とにかく性格がバラバラで、それがまた三銃士のバランスの良さだったと思います。
さて、皆さんのイメージでは、三人の中で誰が一番ファンサービスが神対応だと思いますか?
実は、意外にも?蝶野選手なのです。
最近では「大晦日にビンタする人」という世間的なイメージもあるでしょうし、94年にヒールに転身してからは、狼群団、nWoジャパン、T2000などで暴れまわった蝶野選手。
見た目も、髭を蓄え、常にサングラス姿。
怖いイメージがありますよね。
しかし、とてもファンサービスを丁寧にしてくれる方なのです。
もちろん、私は狼群団時代あたりの蝶野選手の入り待ちなどはしたことないので、その当時のことは分かりませんが、少なくとも私がサイン収集を始めた2000年あたり以降は、基本的にいつも快くサインを書いてくださいました。
武藤選手や橋本選手が対応が悪いとかいうわけではありません。
人気選手ですから、ファンも殺到しますし、その一人一人に対応するのも大変だから、基本的にはなかなか入り待ちなどでサインをもらうのが難しい。
それが普通なのです。
しかし、蝶野選手はそれでも時間のある限りはサインに応じてくれました。
dsc_1681
↑蝶野選手コレクション
写真を撮る時もニコやかに撮ってくださいます。
p1020201
最近は試合はほとんど出場されませんが、サイン会やイベントなどで会える機会もありますし、皆さんも一度、蝶野選手の優しさに触れてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事