【W-1】第6代リザルト王者・タナカ岩石選手インタビュー 11.17千葉大会で2度目の防衛戦、関節技で熊狩り予告!! 「僕の関節技は羆嵐のパワーに対して勝負できる十分な武器」

「僕の関節技は羆嵐のパワーに対して勝負できる十分な武器」11.17千葉大会で2度目の防衛戦、関節技で熊狩り予告!!

第6代リザルト王者・タナカ岩石インタビュー

 

11.1新木場大会で初防衛に成功したリザルト王者のタナカ岩石。2度目の防衛戦は11.17千葉大会での羆嵐戦に決定。

決戦間近の心境を聞いた。

 

──11.1新木場大会では新井選手と初防衛戦を行ないましたけど、振り返ってみていかがでしたか?

 

岩石 アラケンさんとの試合ではお互いに派手な技も使ってないし、本当にオールドスクールな試合ができたと思うんですよ。それは僕にとっても自信になりました。忘れかけていたものをもう一回始める、得意の関節技を光らせることもできたし、そしてベルトに色をつけていくという意味でもチャンピオンとしてステップアップできた試合だったかなと思います。

 

──新井選手はACEの時から若い選手の前に立ちはだかる壁のような存在でした。岩石選手も今年はシングルで負けたことがありましたけど、こうしてチャンピオンとして勝てたのは大きな収穫になったんじゃないですか?

 

岩石 昔のことは昔のことなんで、全く意識してなかったです。現時点で自分がチャンピオンで、その役割を果たすための第一関門がアラケンさんだった、としか考えていなかったですね。だから、本当に自分のための闘いでしたね。

 

──わかりました。11.17千葉Blue Field大会で2度目の防衛戦が組まれました。相手は羆嵐選手になりましたけど、どのような心境ですか?

 

岩石 新木場大会でコメントを出している時に、またアラケンさんが出てきて、改めて挑戦表明というかベルトを狙うと名乗り出てくれたので、僕もやりたいと即答したんです。でも、ある日、SNSを見ていると突然、Blue Fieldで防衛戦が組まれ、しかも相手が羆嵐だと。僕自身ビックリしましたけど、羆嵐もTwitterで「なんで俺が挑戦者なんだ」って言っているんですよ。ベルトが欲しいとも言ってないし、挑戦するとも言ってない人間が防衛戦の相手に組まれた。僕も「これはなんなんだ」って気持ちがありますね。

 

──闘う理由があまり見えてこない感じですか?

 

岩石 見えてこないわけじゃないです。ただ、このベルトが都合のいいように扱われているような気がするんですよね。これは会社批判になっちゃうかもしれないですけど、対戦相手が羆嵐という時点で、チャンピオンとして「お前はもういいよ」って言われているようにしか思えないんですよね。ベルトは持っていても、僕自身、会社に見捨てられているというか、都合のいいように扱われているようにしか感じてないですね。

 

──ただ、横浜文体大会では試合後もバックステージでイスでさんざんなぶられたとかありますし、新木場大会の防衛戦後にも襲われたりしているじゃないですか? そこの部分で羆嵐選手にやり返してやろうというお気持ちとかはないですか?

 

岩石 もちろん、そういう因縁が残っているのはわかるんですけど、今回に関しては会社に対して、「それ違くないか?」って思いますね。ただタイトルマッチが組まれている以上、チャンピオンとして闘わなければいけない。体格差はもちろんありますし、力では全く通用しないというのもわかっていますが、僕の関節技は羆嵐のパワーに対して勝負できる十分な武器だと思っています。僕は関節技に賭けています。自分らしく、自分の信念を持って、堂々と闘っていきたいと思います。

 

──前にもおっしゃっていましたけど、本来このベルトが賭けられた新王者決定トーナメントに参戦する予定だった伊藤選手が復帰するまでは腰にベルトを巻かないと。そのお気持ちは変わらないですか?

 

岩石 彼が戻ってくるまでどれくらい防衛しなきゃいけないのかわかりません。でも、今度彼と闘う時が来れば今まで以上の自分で堂々と向き合えると思っているので、それまではこのベルトを守っていきたいです。正直、彼の復帰を一番待っているのは僕だと思うんですよ。学院の同期ですし、同い年ですし、彼がドンドン先に行く姿を目の前で見ていたので。ただ、もうそういう悔しい気持ちはなくて、自信を持って堂々と彼と向き合いたいし、誰が見ても納得するような完全決着戦を彼とベルトを賭けてやりたいんです。そのためにも僕はこのベルトを守らなきゃいけない。だから、次の羆嵐戦も絶対に負けたくないです。まだ、僕がチャンピオンであることを会社もファンの人も「なんなんだよ」って思っているかもしれない。だからこそ、ベルトを持っていることに大きな意味があると思っているし、闘いの中に転がっているヒントを一つ一つ拾って、今までになかったリザルトのベルトを作っていきたいですね。

 

 

ー大会詳細ー

 

【大会名】

「WRESTLE-1 TOUR 2018 AUTUMN BOUT」11.17千葉・Blue Field大会

 

【日時】

2018年11月17日(土)17時30分試合開始/17時開場

 

【場所】

千葉・Blue Field

 

【対戦カード】

▼第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負

馬場拓海 vs 三富政行

 

▼第2試合 シングルマッチ 30分1本勝負

トンドコロ隼 vs 本田竜輝

 

▼第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負

征矢学&佐藤嗣崇 vs 火野裕士&鈴木裕太

 

▼第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負

一 vs エル・イホ・デル・パンテーラ

 

ー休憩ー

 

▼第5試合 タッグマッチ 30分1本勝負

芦野祥太郎&児玉裕輔 vs 稲葉大樹&アンディ・ウー

 

▼第6試合 WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ 60分1本勝負

【第6代王者】タナカ岩石 vs 【挑戦者】羆嵐

※第6代王者・タナカ岩石、2度目の防衛戦。

 

▼メインイベント 6人タッグマッチ 30分1本勝負

カズ・ハヤシ&河野真幸&ペガソ・イルミナル vs 近藤修司&土肥孝司&アレハンドロ

マスクドTODAY

プロレスをこよなく愛する記者兼カメラマン!
今日もプロレスを楽しみましょう~(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事