【WWE】“巨獣”ストローマンがチームスマックダウンを粉砕

現地時間1118日にカリフォルニア州ロサンゼルスのステイプルズ・センターにてPPV「サバイバー・シリーズ」が開催された

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

巨獣ストローマンがチームスマックダウンを粉砕

ロウ”“スマックダウン”2大ブランド対抗の男子55エリミネーション戦がPPV「サバイバー・シリーズ」で行われた。

チームロウからはブラウン・ストローマン、フィン・ベイラー、ボビー・ラシュリー、ドルフ・ジグラー、ドリュー・マッキンタイア、チームスマックダウンからはザ・ミズ、シェイン・マクマホン、レイ・ミステリオ、ジェフ・ハーディ、サモア・ジョーが出場した。

試合前からチーム内不和が露呈するチームロウだったが、マッキンタイアがジョーをクレイモアで沈めて1人目の脱落に成功

しかし、ストローマンとマッキンタイアが揉めて乱闘に発展するとチームスマックダウンはチームワークを発揮してストローマンを説席に寝かせるとシェインがトップロープから豪快なダイビングルボーを炸裂。

さらにシェインはコーナーで沈んだジグラーにコースト・トゥ・コーストを決めて脱落させてチームに貢献。

しかし、ストローマンがダメージから復活すると状況が一変。

パワースラムでジェフ、ミステリオ、ミズと立て続けに脱落させると、31の圧倒的に有利な状況から最後に残ったシェインもランニングパワースラムで沈めてチームロウが圧勝した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事