【W-1】黒潮“イケメン”二郎が3か月ぶりの復帰戦に勝利「しょっぱかったですね。1か月はかかるかもしれないけど、最短の時間でベストコンディションを披露します」

23日、WRESTLE-1が後楽園ホール大会を行い、黒潮“イケメン”二郎(26)が約3か月ぶりとなる復帰戦を勝利で飾った。

9.2横浜文化体育館大会で左ひざを負傷。長期欠場をしていただけに、復帰を待ちわびていたファンの声援を受け、得意の入場で会場を沸かせ「ただいま!」とエールに応えた。

試合は若手の佐藤嗣崇(23)を相手に、復帰に向けての新技イケメン・スラッシュを何度も交わされる場面もあったが、最後には佐藤の後頭部にヒットさせて3カウント。

試合後のバックステージにてイケメンは「すいません、しょっぱかったですね。やばい、やばい。難しいプロレス…でも、わかんねえ。とにかく今、みんなに言いたいです。ただいま!あとちょっとあと1か月はかかるかもしれないけど、最短の時間でベストコンディションを披露します。まだダメだ。でも、WRESTLE-1を変えるなんて言わないですね。もう変わってるから。WRESTLE-1を引っ張るのは俺しかいない。」とコメント。

また「思ったよりブランクが出て、きつかったですね。あと緊張しましたね。」と復帰戦の心境を語った。

そして、この日は負傷の原因となったムーンサルトプレスを披露しなかったことについて「今はまだ怖い。どっかでのあの技で倒さないといけない相手がいるんですよ。武藤敬司ですね。あの人にムーンサルトで勝つために俺は磨き続けます。」と復帰後の目標を示唆した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事