【WWE】アスカ、王者ベッキーとシャーロットを竹刀で滅多打ち

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

現地時間12月11日、ネバダ州ラスベガスT-モバイル・アリーナでスマックダウンが開催された。

“明日の女帝”アスカがスマックダウンメイン戦でシャーロット・フレアーと激突。

シャーロットの竹刀攻撃による反則裁定となるも、最後はアスカがシャーロットと王者ベッキー・リンチを竹刀で滅多打ちした。

レッスルマニア34の再戦となったこの試合はスマックダウン女子王者のベッキーが見守る中、激しい攻防を繰り広げた。

アスカは得意のアスカロックやオクトパスホールドで攻め立てれば、シャーロットは力尽くで打開するとフィギュア・エイトでアスカを苦しめた。

しかし、これを回転して回避したアスカはシャーロットのスピアーをコードブレーカー、ムーンサルトをヒザで迎撃すると再びアスカロックで捕まえたが、シャーロットはこれを場外に転がり落ちて回避すると、リング下の竹刀を持ち出してアスカを攻撃してしまう。

試合は反則裁定となったが、お構いなしのシャーロットはベッキーにも竹刀を叩き付けて3者入り乱れての乱闘に発展。

ベッキーがシャーロットをスチール階段に叩き付ければ、アスカもベッキーを解説席に投げ飛ばすと、不敵に笑いながら竹刀が壊れるまでシャーロットとベッキーを滅多打ちにした。

女子初のトリプルスレットTLC戦が行なわれるPPV「TLC」は日本時間12月17日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事