【新日本】ロスインゴ勝利後にクリス・ジェリコが乱入し、内藤をイスで滅多打ち!「クリス・ジェリコと2回も戦いたいと言うようなヤツはああいう目に遭うんだ」

15日、東京・後楽園ホールにて年内最終興行『JRA presents Road to TOKYO DOME』の第5試合では、1.4東京ドームにてIWGP Jr.タッグ戦3WAYマッチにて戦う、鈴木軍でチャンピオンチームの金丸とデスペラード、タイチ組とチャレンジャーチームのBUSHIと鷹木、内藤組が対戦した。

試合は場外乱闘など鈴木軍がいつもの様に大暴れし、鷹木が額から流血する戦いとなったが、最後はロスインゴの見事な連携で内藤が金丸をデスティーノで仕留めた。

そして、勝利後のリングにて事件が起きる。

ロスインゴの3人が拳を上げて合わせるパフォーマンスをする中、場内にクリス・ジェリコの入場テーマ曲と映像が流れ、そこへジェリコが乱入。場内がざわめく中、内藤の背中をパイプイスで殴り、鷹木やBUSHIも襲い、そのまま内藤をイスで殴り続け、さらにはコードブレイカーで内藤を痛めつけた。

バックステージでのコメント

ジェリコ「今、内藤に何が起こったか見たか!クリス・ジェリコと2回も戦いたいと言うようなヤツは、誰だろうがああいう目に遭うんだ!1.4東京ドーム、ジェリコVS内藤ツー、オマエ2回目も戦おうなんてどうかしてるよ。『DOMINION』で俺がさんざん辱めてやったというのに、まだ戦いたいっていうのか。だったら東京ドームでオマエを虫のように潰してやる!ずーっと(虫のように)鳴き続けてうるさいんだよ。IWGPインターコンチネンタルのベルトは、今、俺にとって大変意義のあるものである。それを取り上げようなんてヤツは、何人たりとも許さない!そして試合を見に来ようなんてヤツがいるんなら、絶対に早いうちにチケットを買って、半券は大会後も残しておくがいい。そして壁に飾ればいい。『この試合こそ、内藤のキャリア最後の試合だったんだ。俺は会場にいたんだ』という事を周りに自慢すればいい。それこそが、俺からの日本のファンへの置き土産だ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事