【新日本】ブリティッシュヘビー王座の石井智宏が連日の鈴木軍から勝利!「ドームでベルトを守ってアイツ(ザック)の国に凱旋してやる。楽しみに待っとけ、レボリューションプロレス」

15日、東京・後楽園ホールにて年内最終興行『JRA presents Road to TOKYO DOME』が開催された。

ブリティッシュヘビー級王者の石井智宏は1.4東京ドームで鈴木軍のザック・セイバーJr.との防衛戦を行うが第3試合に登場。パートナーの後藤洋央紀と鈴木軍のボス鈴木みのる&飯塚高史と対決した。

試合は鈴木軍の場外乱闘などのラフファイトを繰り出す。鈴木と石井のエルボー合戦に会場が沸く。

そして飯塚が腕や頭への噛みつき攻撃をみせるも、後藤が飯塚に牛殺し、そこに石井がスライディングラリアット。最後は垂直落下式ブレーンバスターでとどめを刺した。

JRA presents Road to TOKYO DOME
日時:12月15日(土) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1,726人(札止め)

第3試合 20分1本勝負
後藤 洋央紀&石井 智宏
VS
飯塚 高史&鈴木 みのる
10分36秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め

バックステージでのコメント

石井「2日連続の鈴木軍。だけど俺はアイツらに用はねぇんだよ。用があるのは、ザックだ!まぁでも、来てねぇもんはよ、言ってもしょうがねぇから、東京ドーム、一発勝負だ。これまでアイツと2勝2敗。ドームでよぉキッチリ勝ち越して、コレ(ベルト)を守って、アイツの国に凱旋してやる。楽しみに待っとけ、レボリューションプロレス」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事