【新日本】ジュース「ブランディ(Cody夫人)俺とCodyが真剣勝負できるようにすっこんでてほしい」Cody「最高のショーを見せることを約束する」

新日本プロレスは3日(木)東京・新木場にあるSTUDIO COASTで、毎年恒例の『大プロレス祭り2019』を開催し、翌日に控えた『WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム』の前日記者会見を行った。

IWGP US ヘビー級選手権試合で戦う、チャンピオンのCodyがブランディ夫人と登場。チャレンジャーのジュース・ロビンソンに対し、夫婦でコメントを出した。

ジュース・ロビンソン
「みなさん、こんにちは。そこにいる赤ちゃん、大丈夫だったかな?(花道のお客さん)明日の『WRESTLE KINGDOM』。ちょうど二年前、Cody、オマエのデビュー戦となった『WRESTLE KINGDOM 11』、それは同時にジュース・ロビンソンにとってのキャリア最大の試合でもあった。そこで最大の辱めを受けた。これは絶対に忘れることができない。そして2ヶ月前、再びオマエは俺を倒して、そのベルトを奪い去っていった。ベルトのない自分は、なんだかおかしな気分だ。だから、真剣に正々堂々と戦うために、ここでブランディにお願いがある。このベビーフェイスのジュースからのお願いだから聞いてほしい。オマエはこの試合中、絶対に赤コーナーにいてすっこんでてほしい。もし少しでもオマエの鼻をリングの中に入れたら、つまみ出してやるし、もし何か邪魔をしたら、オマエの顔面をブン殴ってやる。ウソ、本当は女性の顔面を殴るなんて絶対にしたくないから、お願いだから俺とCodyが真剣勝負できるようにすっこんでてほしい。そして、そのベルトを俺が腰に巻く」

Cody
「みんな、元気?みんなのこと、本当に大好きだよ。(ジュースが「嘘だろ!」と発言)。俺は嘘なんかつかないよ。ところでみんな、ジュースのことは好きかな?。まあ、そうだよね。でも、Codyにとってジュースは目の上のたんこぶでしかないんだ。まだまだ、やり残したことがあると思っている。ジュースもリスペクトしてるし、新日本プロレスに対しても本当に感謝と尊敬しかない。前回、本当ならもっと早いうちに防衛する予定だったんだけど、そのタイトルマッチがヒザを痛めたことで延期になってしまった。それに関しては本当に申し訳なかったと思っているけど、自分が新日本でデビューを飾ったこの東京ドーム『WRESTLE KINGDOM』で、USのベルトを防衛できるっていうのは、本当に運命めいたものを感じるし嬉しく思っている。新日本プロレスにもジュース・ロビンソンにも感謝以外、何もない。最高のショーを見せることを約束する。ブランディ、何か言いたいかな?」

ブランディ夫人
「ビッグボーイ、ジュース。あなた、いい子かもしれないけど、私、あなたのことが大嫌い!。あなたの顔も嫌いだし、あなたの髪の毛も嫌い。本当ならば、そのドレッドを一本ずつゆっくり抜いてあげたいくらいだけど、今日は記者会見だから少し優しくしといてあげる。そして明日はあなたが言ったとおり、リングには入らない。一番前の席に座って、あなたが完膚なきまでにやられるところをしっかりと見届けてあげるわ!」

バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム
日時:1月4日(金) 15:00開場 17:00開始
会場:東京・東京ドーム

IWGP USヘビー級選手権試合
(第4代チャンピオン)Cody
VS
(チャレンジャー)ジュース・ロビンソン
※初防衛戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事