【WWE】初代王者ベイラーが悲願のユニバーサル王座挑戦権を獲得

米国現地時間114日、テネシー州メンフィスのフェデックス・フォーラムにてロウが開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

初代王者ベイラーが悲願のユニバーサル王座挑戦権を獲得

ストローマンの王座戦剥奪で空位となった挑戦権をかけてジョン・シナ、フィン・ベイラー、バロン・コービン、ドリュー・マッキンタイアがフェイタル4ウェイ戦で激突し、初代王者のベイラーがクー・デ・グラでシナから3カウントを奪って悲願のユニバーサル王座奪還に向けて挑戦権を獲得した。

4人のスーパースターが入り乱れる中、ベイラーはコービンのエンド・オブ・デイズやシナのアティテュード・アジャストメントを食らい苦戦を強いられるも、試合終盤の必殺技を巡る攻防ではクレイモアでシナを沈めたマッキンタイアにDDTを決めると、最後はコーナートップからクー・デ・グラをシナに炸裂させて3カウント。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この日、ジンダー・マハルの指名試合にも勝利して1日2連勝を飾ったベイラーがレスナーとのユニバーサル王座挑戦権を獲得した。

王者レスナー対ベイラーのユニバーサル王座戦が行なわれるPPV「ロイヤルランブル」は日本時間128日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事