【WWE】アスカ、最強の挑戦者ベッキーにタップ勝ちで王座防衛!

現地時間127日にアリゾナ州フェニックスのチェイス・フィールドにてPPV「ロイヤルランブル」が開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アスカ、最強の挑戦者ベッキーにタップ勝ちで王座防衛 

スマックダウン女子王者アスカがPPV「ロイヤルランブル」で王座防衛に成功した。

昨年12月のPPVTLCで日本人初のスマックダウン女子王座を戴冠したアスカはPPVロイヤルランブル」でザ・マンことベッキー・リンチと王座をかけて一騎打ちで対戦した。

アスカがドロップキックで先制して「ワシがチャンピオンじゃ」と叫べば、挑戦者ベッキーも「カモーン!」と挑発してアッパーカットで反撃。

男勝りの両者は激しい攻防を展開し、アスカがヒップアタックやアームバーとその多彩な技で攻め込むとベッキーもコーナートップからのスーパープレックスを炸裂した。

試合終盤にはベッキーのディスアーマーを辛うじてかわしたアスカがアスカロックで捕まえると、最後はブリッジしながら変型アスカロックでベッキーからタップを奪って勝利。

アスカは最強の挑戦者ベッキー相手に王座防衛を果たし、王者としての実力を証明した。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY総監督』
株式会社リアルクロスを設立し、“楽しめるプロレスNEWSサイト”『プロレスTODAY』を立上げ!
プロレスTODAYのインタビュー・企画・進行・管理を担当。
プロレスに懸ける情熱は不変!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事